spreadsheetの使い方

スプレッドシートでアナリティクスのレポートを自動取得する方法!

アナリティクスレポートのMertricsを設定する

「Report Configuration」という新規シートが開き、B列に先ほど設定した項目が表示されます。

 

この画面で

  • Mertorics
  • Dimentions

の内訳を追加することでレポートの項目を増やせます。

 

oyakun
Mertricsは簡単に言うと、数値として取得出来るデータの事です。

 

アナリティクスのレポート用・オススメMertrics一覧

データを数値として取得出来る「Mertrics」の内訳は、GoogleAnalyticsの公式サイトから確認出来ます↓

Dimensions & Metrics Explorer

 

ただちょっと内容が多すぎて目がくらんじゃう。

 

アヒルン
ぐわっw こんなのいちいち読んでらんないよ・・

 

そんな方のために最低限入れておきたい「オススメMetrics一覧」をご用意しました。

 

「Mertrics」の設定セル内にコピペしてご使用ください↓

[表示]←クリックで表示します。

ga:sessions ga:sessionsPerUser ga:users ga:newUsers ga:bounces ga:bounceRate ga:avgSessionDuration ga:pageviews ga:pageviewsPerSession ga:entrances ga:exits ga:avgTimeOnPage

オススメMertrics一覧 オススメMertrics一覧の意味
ga:sessions セッション数
ga:sessionsPerUser 1ユーザーのセッション数
ga:users ユーザー数
ga:newUsers 新規ユーザー数
ga:bounces 1ページ閲覧のみ
ga:bounceRate 直帰率
ga:avgSessionDuration 平均セッション時間
ga:pageviews ページビュー数
ga:pageviewsPerSession ページ/セッション
ga:entrances 閲覧開始ページ
ga:exits 離脱ページ
ga:avgTimeOnPage 平均ページ滞在時間

 

POINT!

Mertrics入力後、「End Date」か「Last N Date」を必ず設定してください。

未設定だとレポートメールにエラーになっちゃいます↓

 

アナリティクスレポートを作成する

メニューから 「アドオン >GoogleAnalytics > Run report」をクリック。遂にレポートが作成されます!

 

成功すると、「Report Status」というメッセージ画面が出ますので「OK」を選択。

 

因みにエラーだとこの画面↓

大抵は「Dimension」や、「Start Date」「End date」などの設定でエラーになっています。

 

新規シート「【日別】新規ユーザー」が表示され、レポートが取得できました。

「Create new report」で設置した項目の

  • newUsers
  • Date

のデータが取得されているのが確認出来ますね\(^o^)/

 

ここまでで「Analyticsのデータをスプレッドシートに取得する設定」が完了しました。

 

次ページでは自動でレポーティングする設定を行っていきます(゚∀゚)!

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2019 All Rights Reserved.