spreadsheetの使い方

GOOGLETRANSLATE関数の使い方!スプレッドシート上のテキストを翻訳出来るよ!

更新日:

スプレッドシートのGOOGLETRANSLATE関数を使うと

 

日本語から

多言語へ翻訳が可能

になるんです\(^o^)/

 

しかも翻訳対応言語は、なななんと

100種類!

 

今回はスプレッドシートの翻訳関数

GOOGLETRANSLATE関数の使い方

についてご説明していきます∠(`・ω・´)!

GOOGLETRANSLATE関数で色んな国の言葉を翻訳しよう♪

https://pixabay.com/users/olilynch/

GOOGLETRANSLATE関数とは、テキストをある言語から別の言語に翻訳する関数のこと。

 

スプレッドシートでのみ使える関数なので、Excelでは使えません。

 

GOOGLETRANSLATE関数はExcelにはありません!

 

アヒルン
大事なことなので二回言いました。
うちゅうじん
・・・うぃ

 

では早速(゚∀゚)

Googletranslate関数の構文

Googletranslate関数の構文は至ってシンプル。

 

翻訳したいテキスト(セル)を選択してソース言語、ターゲット言語を2文字ずつ入力するだけ。

Googletranslate関数の構文

=Googletranslate(テキスト,ソース言語,ターゲット言語)

  • ①テキスト
  • ②ソース言語
  • ③ターゲット言語

2文字の言語の当て方がポイントですね。

入力内容の指示について説明しておきます。

言語 意味
テキスト 翻訳するテキストを指します。値は二重引用符で囲むか、セルの参照を指示します。
ソース言語 ソース言語を 2 文字の言語コードで指定します。言語を自動的に検出する場合は "auto"でOK。省略可ですがソース言語を省略する時は、ターゲット言語も省略しないとエラーになります。
ターゲット言語 翻訳後の言語を2文字の言語コードで指定します。

 

POINT!

ソース言語とターゲット言語はダブルクオーテーション( ” )で囲む必要があります。

 

ここまででざっくりとした説明なのですが、何となくGoogletranslate関数についてご理解いただけたかと。

 

習うより慣れろというわけで、実際に使ってみましょう(^^)

Googletranslate関数を使ってみよう!

最初に手順をまとめておきます。

 

1・翻訳したいテキストの別セルに
「=Googletranslate( 」と入力。

2・翻訳したいセルを選択し、
ソース言語2文字、ターゲット言語2文字を入力。
「=Googletranslate(A1,ja,en」

3・各ダブルクオーテーションで囲って閉じる
「=Googletranslate(A1,"ja","en")」

 

翻訳したいテキストを選択>翻訳前の言語を設定>翻訳後の言語を設定 

という流れですね。

 

Enterで翻訳が始まります↓

 

では例文でやっていきましょう*

例)日本語を英語に翻訳します。

 

 

入力した構文です。

=Googletranslate(A2,"ja","en")

 

ソース言語とターゲット言語の2文字。

  • ソース言語:日本"ja"
  • ターゲット言語:英語"en”

 

翻訳結果がコチラ↓

 

幾つか他の国の言語にも翻訳してみましょう(^^)

日本語→中国語へ

ターゲット言語:中国語"zh"

 

日本語→韓国語へ

ターゲット言語:韓国語"ko"

 

日本語→フランス語へ

ターゲット言語:フランス語"fr"

 

全ての翻訳結果

簡単に思いついた国の言語を翻訳しました。

 

簡単な日常会話なら直ぐにスプレッドシートで翻訳して、資料にまとめて配布したりと使えそうですね!

 

ターゲット言語一覧

自分が翻訳したい国の言語がGoogletranslate関数に対応しているか分からないw

 

という方のために、Googletranslate関数対応の「ターゲット言語2文字」を以下スプレッドシートにまとめておきました。(実際に試してエラーになった言語は削除済み)

 

 

スマホから閲覧すると文字化けしているテキストもあります。
(PC確認にて正確に表示されます)

 

翻訳の際の参考にどぞ\(^o^)/

オススメ!無料で完成!フローチャート作成ツールdraw ioの使い方

まとめ:Googletranslate関数であなたもグローバルに!

https://pixabay.com/users/rawpixel/

たまに調べたい単語を訳すくらいしか翻訳しない僕ですが、スプレッドシート上で翻訳できるのは嬉しい限り。

 

だってデータで残せるし、新しいタブ開いて検索しなくて済むからね(゚∀゚)!

 

これは常日頃、日常会話Lvの英文を作成する方もめちゃくちゃ捗るのではないでしょうか?

 

Googletranslate関数をぜひぜひ使ってみて下さい\(^o^)/

関連記事スプレッドシートarrayformula関数の使い方!複数セルへ一気に反映!

殿堂入り
スプレッドシートquery関数の使い方!vlookupより断然オススメ!

複数あるシートやデータの中から「ほしいデータ」だけが抽出出来たら一覧表の作成なんかが捗りますよね。   はい、上記GIFでもご紹介しておりますがスプレッドシート独自関数の1つQUERY関数な ...



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

-spreadsheetの使い方
-, , , , , ,

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2018 All Rights Reserved.