spreadsheetの使い方

【コピペで完了】スプレッドシートからメール送信!スクリプトでグラフデータも送れるよ!

スクリプトエディタにグラフ挿入するコードをコピペ

準備したデータをスクリプトでグラフ挿入していきます。下記コードをコピペしてください。

コピペしたらスクリプトとGmailアカウントの関連付けの設定を行っていきます。

 

上書きすると「承認が必要です」というアラートが出るので「許可を確認」をクリック。

 

スプレッドシートを開いているGmailアカウントを選択します。

 

このアプリは確認されていません画面で「詳細」をクリック。

 

画面が下に拡張されるので「iphone8比較表(任意のスクリプトタイトル名)に移動」をクリック。

 

下記画面が出るので・・

 

”次へ”と入力して「次へ」をクリック。

 

ようこそ画面になるので「許可」をクリック。

 

これでスクリプトとアカウントの関連付けは完了です。早速スクリプトを実行してみましょう。

 

黄色ボックスのメッセージが出るので消えるのを確認したら、スプレッドシートに戻ります。

 

以下画像のように、スプレッドシートのデータの下に「グラフ」が挿入されていればカンペキです(^^)

 

かなり大雑把ですが、スクリプトの説明をしておきます。

 

スプレッドシートにグラフを作成するスクリプトの内訳

グラフ範囲を変更する

下記()内のRange範囲を変更してください↓

var range = mySheet.getRange("A1:C4");//グラフ範囲を設定

 

グラフの挿入場所を変更する

setPositionメソッド(行、列、Xpx、Ypx)の()内の値を適宜修正してください↓

.setPosition(5,1,0,0)//グラフの挿入位置(行,列,Xpx,Ypx)

.setPosition(10,2,0,0)//グラフ表示位置(10行、2列、Xpx、Ypx)

 

グラフ挿入位置を変更するとこうなります↓

.setPosition(5,1,0,0)//5行1列目

.setPosition(10,2,0,0)//10行2列目

例えば「.setPosition(1,1,0,0)」とすることで、1行目の1列目からグラフが表示されるのでデータを隠してグラフだけを通知することが出来ます。

 

グラフの種類を変更する

asColumnChart()を他のプロパティに変更してください↓

.asColumnChart() //棒グラフを挿入

.asLineChart() //折れ線グラフを挿入

 

変更結果するとこうなります↓

asColumn(棒グラフ)

 asLineChart(折れ線グラフ)

データの用途でグラフ変更した方が分かりやすくなります。

 

分かりやすいように折れ線に変更してみましたが、このデータの内容だと合わないっすね・・

 

変更可能なグラフのプロパティ↓

説明 プロパティ
エリアチャート .asAreaChart
棒グラフ .asBarChart
縦棒グラフ .asColumnChart
コンボチャート .asComboChart
ヒストグラム .asHistogramChart
折れ線グラフ .asLineChart
円グラフ .asPieChart
散布図 .asScatterChart
テーブルチャート .asTableChart

参照元:https://developers.google.com

 

POINT!

◯ .asTableChart

☓ .asTABLEChart ←エラーになります。

 

グラフのタイトルを変更する

下記setOption()の'iPhone比較'の部分を書き換えてください↓

.setOption('title','iPhone比較')//タイトル

.setOption('title','iPhone8とXの比較です。')//タイトル

 

タイトルを変更するとこうなります↓

 'iPhone比較'

 'iPhone8とXの比較です。'

あんまり分からないかな・・

 

タイトルの書式を変更する

下記{color: '#002777', fontsize: 20}の#の数値、fontsize:の数値を変更してください↓

.setOption('titleTextStyle' ,{color: '#002777', fontsize: 20}) //タイトルのテキスト設定

 

グラフの凡例の色やテキストを変更する

下記{color: '#004d91', fontSize: 16}の中の#の数値、fontsizeの数値を変更してください↓

.setOption('legend', {position: 'top', textStyle: {color: '#004d91', fontSize: 16}})

 

グラフの色を変更する

下記["darkblue","darkgray"]の色を変更してください↓

.setColors(["darkblue","darkgray"]) //グラフの色

 

変更するとこんな感じになります↓

 darkblueの場合

 DodgerBlueの場合

oyakun
グラフの色を変更するだけでグッと見やすさが変わってくるので、色々と試してみることをオススメします

 

次のページでは、作成したグラフをメールに埋め込んでいきます(^^)

オススメスプレッドシートでキレイなアンケートフォームが5分で作れる!

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2019 All Rights Reserved.