ヘッダーロゴ

【2020年最新版】GoogleAnalytics新規アカウント設定方法

2020年12月にGoogleAnalyticsを新規設定しようとしたら、つまづいたのでメモ。

すぐにGoogleAnalyticsの設定手順へ↓

Google Analytics新規アカウント設定の前に

Google Analyticsの新規アカウントを設定するその前に、先に知っておくべき内容を記します。

すぐにGoogleAnalyticsの設定手順へ

GoogleAnalytics-home

関連記事:スプレッドシートでアナリティクスのレポートを自動取得する方法

前提条件

Gmailアカウントがあることが必須条件。Gmailアカウントの新規作成方法は割愛。

設定の注意事項

  • GoogleChromeのログインアカウント
  • GoogleAnalyticsのログインアカウント

各アカウントが相違しているとうまく設定が進まないため、Chrome・Analyticsともに同じアカウントで設定を進める

GoogleAnalyticsの階層補足

GoogleAnalyticsは主に

  1. アカウント
  2. プロパティ
  3. ビュー

以上の3層構造で構成されている。

STEP1. Google Analyticsのアカウント作成

Google Analyticsの設定へ進むには、Google AnalyticsのHOME画面をGoogleAnalyticsのログインURLを開き、「無料で設定」をクリック。
muryou-settei

手順1. Google Analyticsアカウントを設定する

アカウント詳細箇所の「新しいアカウント名」に、任意のGoogle Analyticsアカウント名を入力。

account

アカウント名について

※ アカウント名は後で管理しやすい、組織・企業名又はブログ・サイト名などがオススメ

アカウントのデータ共有設定は任意のものにチェックして、「次へ」をクリック。(データ共有設定の詳細はこちら

date-share

次へが表示されないときは

画面表示が小さく「次へ」ボタンが表示されない時は、画面表示の拡大・縮小を行います。

アカウントのデータ共有設定詳細

参考:データ共有設定
項目 共有設定
Googleのプロダクトやサービス Googleユーザーアカウントに関連付けられている認証済み訪問データに適用される。
ベンチマーク 蓄積されたデータの公開や機能提供、データ傾向が把握できるようになる。
テクニカル サポート 技術的な問題解決時の、Googleのテクニカルサポート担当者によるアカウントアクセスの許可
アカウント スペシャリスト Googleのマーケティングスペシャリストへのアクセス許可。担当から最適化のヒントが提案可能になる。

アカウントのデータ共有設定についてはすべてチェックしても、第三者にGoogleAnalyticsのデータが開示されるわけではありません。

注意

不安な場合、社内のIT管理者へ確認・相談してください。

手順2. プロパティの設定を行う

プロパティの設定画面になるので「プロパティ名」を入力、レポートタイムゾーン・通貨を居住地に設定します。(プロパティの詳細はこちら

property

プロパティとは

GoogleAnalyticsのプロパティは、ユーザーデータが収集される場所

プロパティのある階層はアカウントの直下で、1アカウントに対し複数のプロパティを設けることが可能

>property-image

手順3. ビジネス概要の設定

ビジネス概要の設定画面に遷移するので、

business

設置するサイトに合わせて各項目にチェックして「作成」をクリック。

business-2

手順4. GoogleAnalytics利用規約に同意する

GoogleAnalyticsの利用規約が表示されるので、GDPRで必須となるデータ処理規約にチェック

GDPR-check

利用規約について

※データ処理規約については、欧州経済領域(EEA)の一般データ保護規則などの規制影響を受けるビジネスが対象となっています。

Google広告のデータ処理規約は、欧州経済領域(EEA)の一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)、またはその他の規制の影響を受けるビジネスを対象としています。

引用:アナリティクスヘルプ データ処理規約

次に、Googleとのデータ共有に適用される追加条項を確認・チェックして「同意」をクリック。

GDPR-check2

追加条項について

データ管理者間のデータ保護に関して、Googleにサイトデータを共有する設定です。詳しくは以下引用の通り↓

Google アナリティクスをご利用のお客様が、「Google のプロダクトとサービス」(Google アナリティクス)のデータ共有設定を有効にし、「測定データ管理者間のデータ保護に関する条項」(EU ユーザーの同意ポリシーを含む)に同意した場合、Google は GDPR に則り、この設定によって共有および使用されるデータの管理者となります。

引用:アナリティクスヘルプ 測定データ管理者間のデータ保護に関する条項に基づくデータの共有

注意

上記は同意にしないとGoogleAnalyticsは利用できません。

ここまで進めば、GoogleAnalyticsへのアカウント作成は完了です。

オプション. 自分のメール配信を設定

ここまで順調に進めば、「自分のメール配信」という画面に遷移するので任意の箇所にチェックを入れて、「保存」をクリック。

me_mail

STEP2. Webサイトと紐付けを行う

GoogleAnalyticsのアカウントが作成できたので、解析する対象のWebサイトに設置します。

手順1. GA設置のためにデータ ストリームの設定を行う

「データ収集を始めるためにデータ ストリームを設定する」の画面で、「ウェブ」を選択。

detestreem

手順2. ウェブストリームの設定でサイトURLを登録

GoogleAnalyticsのアカウントとサイトを紐付けするため、

  1. ウェブサイトのURL箇所にGAを設置するサイトURLを記入
  2. ストリーム名に「ウェブサイト」と記入して
  3. 「ストリームを作成」

といった手順で設定を行います。

webstreem-settei

手順3. グローバルサイトタグを取得

ウェブストリームの詳細」画面に遷移するので、

Webstreem-details

タグ設定手順」 > 「新しいページ上のタグを追加する」>「グローバルサイトタグ(gtag.js)」をクリック。

global-site-tag

グローバルサイトのタグが表示されるので、コピーします。

global-site-tag-copy

注意

*ちなみに「Google アナリティクス 4 プロパティ」では、

  • トラッキングID
  • 測定ID

上記を測定対象のサイトに設置する仕様へと変更となりました。

Google アナリティクス 4 プロパティでは、トラッキング ID ではなく測定 ID を使用します。

引用: トラッキング ID はどうなりますか?

手順4. グローバルサイトタグを測定するサイトのheadに貼付け

WordPressの外観テーマエディターheaderhead

上記にコピーしたグローバルタグを貼付ければ、GoogleAnalyticsの測定が開始されます。

外観テーマエディター

theme-theme-editer

headerhead

theme-theme-editer-paste

貼付け詳細イメージは以下の通り↓

WordPressのhead貼付け箇所

header.phpのhead箇所(測定対象ウェブページのタグ(開始タグ)の直後)にグローバルタグを設置することで、測定サイトの全ページがGoogleAnalyticsの測定対象となります。


<html>
  <head>
  <!-- ここにコードをコピペ -->
   <title>Sample HTML File</title>
  </head>
 <body>
 < x/body>
</html>

 

参考:Google アナリティクスのグローバル サイトタグを設定する

手順4の補足:WordPressテーマ側に設定する方法も

WordPressのテーマ側に、グローバルサイトタグや測定IDのみを設定する方法あります。

つ、追記します。

番外:複数のグローバルタグを設置する方法

裏付けがないので何ともですが、1つのサイトに対し、複数のGmailアカウントからでGoogle Analytics解析を行う方法を紹介します。

グローバルタグに、複数の測定IDを以下のように設置します。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-**********"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'G-**********');
  gtag('config', 'G-1111111111');
  gtag('config', 'G-2222222222');
</script>

メモ

開始タグ箇所の測定IDは、追加・修正せずともOKです。 追加するコードを、配列のように追記することで

  • WebサイトAを
  • GoogleAnalytics-1
  • GoogleAnalytics-2

といったように、別のGmailアカウントで同じサイトを解析できています

まとめ

Google アナリティクス 4 プロパティとか、よく分かってないのですがひとまず2020年12月では、GoogleAnalyticsとサイト紐付けは以下手順で行えました。

  1. GoogleAnalyticsのアカウント作成
  2. グローバル サイトタグを取得
  3. グローバル サイトタグをheadに貼付け
    (もしくはテーマ側に測定IDを貼付け)

また忘れたくないことがあったら追記します。

oyakun
WordPressのheader.phpに設定するときは、バックアップを忘れずに!

関連記事:WordPressの管理画面でGoogleAnalyticsを見る方法

関連記事:Googleアナリティクスをレポーティングする方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ