ヘッダーロゴ

【スゴイ】スプレッドシートimportrange関数の使い方!他シートのデータを取り込めるゾ!

他のスプレッドシートのデータを取り込んで、更に自動更新も出来たらスゴく便利ですよね。

実はスプレッドシート独自のimportrange関数なら

  • データの読み込み
  • 元データが更新されたら自動更新

といったことが可能です。

Excelには「importrange関数」はありません!

というわけで今回は独自関数の

スプレッドシート・importrange関数の使い方!についてご紹介していきます!

スプレッドシートimportrange関数の使い方・データを移して楽チン更新!

importrange関数の使い方ということで先ずは概要をご説明いたします。

imprtrange関数の概要

指定したスプレッドシート(URL)からセルの範囲を読み込むことができます。

既にお気づきだと思いますが、シートを指定する際にURLから指定します。

 

なので他の権限者が作成したスプレッドシートのデータも取り込むことが出来るんですね。

 

ということは、、

1. 他データの必要範囲のみを指定

2. importrange関数で引き抜く

⏬         

3. 1シートに複数人の更新データが表示される
(しかもリアルタイムに!)

こんな事も可能なわけです。

 

Vlookup・Hlookupを使わずにシート間を跨いだ自動更新機能...これはスゴイw

スプレッドシートimportrange関数の概要や構文

Excelにない関数なので、いきなり上手く使えなかった僕。

 

なので構文の内容など概要をご紹介いたします。

importrange関数の構文

「importrange関数」の構文の内容です。

importrange関数の構文

=IMPORTRANGE(スプレッドシートキー, 範囲の文字列)

ImportRange関数の構文として明記されている、「スプレッドシートキー」とは何でしょうか?

スプレッドシートのキー

アヒルン
ところで「スプレッドシートのキー」ってなあに?
うちゅうじん
データの読み込み元となるスプレッドシートの URL 以下「d/」の後の部分のことだ。スプレッドシートの住所を指定してると思ってくれ。

スプレッドシートキー例

=inportrange("12345678910abcdefg","範囲の文字列")

POINT1

「スプレッドシートキー」でなく「スプレッドシートURL」で指定も可能です。

範囲を""(ダブルクオーテーション)で囲む必要があります。

範囲の文字列

アヒルン
じゃあ「範囲の文字列」ってなあに?
うちゅうじん
読み込む範囲を指定する「文字列」のことだ。ここにシート名も含め指定するとデータの指定先が分かりやすくなる。

=importrange("スプレッドシートキー", "Sheet1!A1:B1000")

Point2

「sheet1」は省略も可能なので下記でもOKです。

=importrange("スプレッドシートキー", "A1:B1000")

こちらも範囲を""(ダブルクオーテーション)で囲む必要があります。

では何となくimportrange関数の構文が分かったところで、実際に使ってみましょう\(^o^)/ wktk

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ