クロームからbingを削除!検索エンジンが勝手に変わるときの対策3つと予防策

2022年7月24日

Google Chrome(クローム)で検索したとき、ブラウザがbingに変わってしまうときの対処法3つ+予防策は以下のとおりです。

  1. 拡張機能を削除する
  2. 設定から検索エンジンをChromeに変更する
  3. 検索エンジンの規定をGoogleへ再設定する
  4. ブラウザのセキュリティレベルを上げる(予防策)

ちなみに本記事の対策・予防策はクロームブラウザのみで完結します。

computer_nekorogaru_man
クロームブラウザだけで対策するマン

他ソフトをインストールしてマルウェアを駆除する記事も見受けられますが、結局は

  • セキュリティソフトのインストールを案内
  • マルウェアなどを植え付けられる

といったPCの脆弱性を作ってしまう可能性が高くオススメできません

OYAKUN
毎々クローム検索がbingになってしまって、密かに悩まれている方はぜひ一度参考にしてください。というか、対策を講じないと情報が漏洩しつづけている可能性が高いです。

参考:クロームから検索結果がbingになってるのが不味い理由↓

クロームからbingを削除する対策1. Chromeの拡張機能を削除する

syokuji_computer
クロームの拡張機能を削除してるイメージ

クロームからbingを削除する対策1つめは、クロームの拡張機能を削除することです。以下に手順を記します。

1. 拡張機能管理画面を開く

クロームブラウザの右上にある「パズルアイコン」をクリック。

chrome-browser-01
クロームブラウザの設定アイコンをクリック

2. 拡張機能を管理をクリック

拡張機能を管理」をクリック。

chrome-browser-02
クロームの拡張機能の管理

3. 任意の拡張機能を選択して削除する

削除したいプラグインを選択して削除します

chrome-plugin-kanri
クロームプラグインを管理画面で削除

これさ、どのプラグイン削除すれば良いか分からなくね?

以下を参考にしてくれ

要注意!削除対象のプラグインの見極め方

job_tantei_woman
削除対象プラグインを見切った女

削除対象となるクロームプラグインは、

この拡張機能はChromeウェブストアのポリシーに違反しています。

といった表記がある拡張機能です。

plugin_delete
Chromeポリシー違反のプラグイン

へえ~何に違反したんだろ

Chromeウェブストアのポリシー」に違反する内容とは以下のとおりです。

アプリまたは拡張機能によってパソコンやデータが損害を受けた

アプリまたは拡張機能で価値や機能が虚偽表示されている

アプリまたは拡張機能で違法な行為が行われている

アプリまたは拡張機能に性的なコンテンツが含まれている

アプリまたは拡張機能に暴力的なコンテンツまたは悪意のあるコンテンツが含まれている

アプリまたは拡張機能がまったく動作しない

どのようにインストールされたかわからない、または覚えのないアイテムがインストールされている

引用元:Chromeウエブストアヘルプ

上記の何かしらの動作について利用者から報告があり、Googleで調査→動作確認→「ポリシー違反」と称されてしまったわけですね。

monitor_blank_police_woman
ポリシー違反イメージ

特にパソコンやデータが損害を受けたるなど、今この瞬間にもマルウエアによるデータ送信が行われている可能性があります。

OYAKUN
該当するものがあればすぐに削除しましょう。

クロームからbingを削除する対策2. クロームの設定をリセットする

reset_button
リセットされてるところ

クロームからbingを削除する対策2つめは、クロームの設定をリセットすること

medical_koutai_man
守ってる男の中の男

拡張機能や一部のサイトデータが削除されますが、一番簡単で有効なセキュリティ対策です。

クローム設定をリセットする手順は以下のとおり。

1. クロームの設定を開く

クロームブラウザ右上アイコン[] > [設定]をクリック

chrome-settei-01
クロームの設定をクリックする

2. リセットとクリーンアップを開く

WindowsPCは[リセットとクリーンアップ](Macなら[設定のリセット])をクリック。

chrome-settei-02
リセットとクリーンアップ

3. 設定を元の既定値に戻してリセット

中央表示されるメニューの[設定を元の既定値に戻す]をクリック。

chrome-settei-03
クロームの設定値を戻す

[設定のリセット]をクリック。

chrome-settei-04
クローム設定のリセット

ここまでの作業を完了することで、殆どの人はおだやかなクロームライフが戻ってくるはず。

pose_anshin_boy
ほっとする男

しかし!

対策1・対策2まで行ったのに、まだクロームからbingやyahooにリダイレクトされているのであれば、、、

chrome-bing-browser
Google検索がyahooリダイレクトになってる

あれ?まだクローム検索かけたらbingに飛んでるぜ

...そのブラウザ、完全にハメられています

kamen_warui_businessman
仮面やろう

何を隠そう「隠しURLが規定の検索エンジンに設定されている」ため、対策3を実行する必要があります。

クロームからbingを削除する対策3. 検索エンジンの規定をGoogleへ再設定する

pose_necchuu_computer_woman
修正するおんなのこ

クロームからbingを削除する対策3つめは、検索エンジンの窓をGoogleへ変更すること。

research-nise
検索結果が裏側でリダイレクト設定されてたキャプチャ

これ、ガチなんですが自分のクローム設定が完全に書き換えられてました。(本当に自分で設定した記憶はございません。)

だってリダイレクトしたところで自分にメリットもないし...

OYAKUN
正直全く気づいてなく、完全にはめられてました...

対策3の設定手順は以下のとおりだ

参考:クロームがリダレクトされてた原因

1. クロームの設定を選択

クロームブラウザ右上アイコン[] > [設定]をクリック

chrome-settei-01
クロームの設定をクリックする

検索エンジン」をクリック。

Chrome-engine-settei01
検索エンジンをクリックしたイメージ

2. 検索エンジンの管理画面を選択

検索エンジンとサイト内検索を管理する」をクリックして

Chrome-engine-settei02
検索エンジンとサイト内検索を管理するを選択

検索エンジンとサイト内検索を管理する」画面を開きます。

Chrome-engine-settei03
検索エンジンとサイト内検索を管理するの画面

検索エンジンの規定が、リダイレクトブラウザ設定になっているので

Chrome-engine-settei03-1
規定ブラウザがリダイレクトになってるイメージ

本物のGoogleブラウザに設定し直します。

Chrome-engine-settei04
本物のGoogle.comへURL検索ブラウザを再設定する

てかさ、そもそもGoogleアイコンのある検索エンジンが表示されてないんすけど...

本物のGoogle検索エンジンが見当たらない場合

サイト内検索」箇所で、本物のGoogleエンジンが見つからない場合は追加設定を施します。

Google-borwser-non
検索エンジンに本物のGoogleが見当たらない

サイト内検索」の「追加」をクリック。

browser-google-settei00-1
サイト内検索から追加

検索エンジン追加」のウインドウが開くので、以下の通り記入して「追加」をクリック。

  1. 検索エンジン:Google
  2. ショートカット:Google.com
  3. URL:https://google.com/search?q=%s

URLの末尾「%s=」の、=は不要です。

browser-google-settei00-2
検索エンジンを追加する

Googleアイコンが付与された、本物のGoogleブラウザが追加されます。

browser-google-settei00-3
本物のGoogleエンジンURLが設置できた

ここまで準備できればあとは楽勝っす

3.クロームの設定から検索エンジンを選択

internet_gazou_ninsyou_select_man
Google先生奪還プロジェクト

サイト内検索」にあるGoogleの、設定アイコン[] をクリック。

google-engine-settei-01
サイト内検索の設定をクリック

デフォルトに設定」をクリックすれば...

google-engine-settei-02

検索エンジン箇所に、Google(規定)が追加されます

google-engine-settei-03
検索エンジンの規定がGoogleに変わった

これでブラウザ検索をしてみると...きちんとGoogle検索で表示されていることが確認できました

google-engine-settei-kekka
Google検索になったか確認

おかえりGoogleエンジン様。

web-kakuninn-man
Google先生の帰還に感動する男

感動の再開

おつかれさま~

設定変更後の動作確認内容

対策3まで実施することで、

  • クロームからbing検索に変わる
  • 謎URLへリダイレクトされる

といったおかしな検索結果を返す現象がなくなってるはずです。

OYAKUN
そもそも規定の検索エンジンのショートカットが書き換えられてしまうこと自体、NGなのですが...

以下、蛇足になりますが自分の覚書用として。

クロームからbingにリダイレクトされる背景・原因は?

kangaeruhito
変なことしてないか省みる人

クロームで検索した結果がbingに変わってしまう原因は、冒頭に少し書きましたがウィルス感染・特にPUAによるものと考えられます。

たとえば、

  • 拡張機能を入れてみた
  • 無料ソフトをダウンロードした

といったように、PCの機能や操作を改善するためインストールした行動が仇になっているようです。

hansei_koukai_man
後悔してる

特に注意してほしいのが、

  • フリーのソフトウェア
  • 無料のアプリケーション
  • 無料のプラグイン

などから、知らないうちにブラウザがハック・感染してしまっていることが多く見受けられます。

でもさ、誰のせいでもないよねん...

検索結果がbingリダイレクトだと不味い理由は?

smartphone_sns_nottori_woman
情報抜き取らレディ

検索結果がbingリダイレクトになるのがまずい理由として

  • 検索情報が抜き取られている
  • 個人情報が抜き取られている

といったように、利用者の個人情報が抜き取られている可能性が非常に高いことでしょう。

クロームからbing検索になったときの実際のURL

自分の環境では、クロームからbingへリダイレクトされていた際

https://www.search-fine.com/search?

といった知らないURLを介してbingの検索エンジンを返す動きがなされていました。

Chrome-engine-settei03-1
偽のURLを被せられていた例

どういうことかというと、

  1. クロームへ検索したい文字を入力する
  2. search-fine.comへリダイレクトされる
  3. さらにbingへリダイレクトされる

といった具合に、怪しいURLを挟んでさらにbingへ飛ばされる仕様になってたんですよね。

ブラウザハッキングのフロー

OYAKUN
少し間違っている流れもあるかもですが、大体のハッキングフローはこんな感じかと
google-redirection-hack
ブラウザハックのイメージ

うげ、めっちゃ情報抜き取られてる可能性大じゃん

そもそも「search-fine.com」ってなにさ?

search-fine.comはPUA

computer_hacker_black1
転送データ覗いてる

search-fine.comとはPotentially Unwanted Application(PUA)に該当します。

PUAとは

インターネットセキュリティにおいて、マルウェアに該当しないものの、多くの人にとって不要で排除したほうが良いアプリケーションのことです。

とはいっても、PUAそのものが

  • システムの乗っ取り
  • 金銭窃取

などを行うアプリケーションではありません。

ただ、変なリダイレクトを行ったりとインターネットの健全な運用を阻むんですよね。

computer_virus
情報転送されてるのなんとなく気づいたレディ

知らないうちに検索エンジンに入力した情報を転送設定するアプリケーションってことです。

PUA...ヤべえのはわかった

クレジット情報をクロームのブラウザ画面で入力してたら...と思うとゾッとするな

補足. PUAが存在する理由

computer_crime
検索情報が犯罪に使われてるかも

PUAが存在する理由は以下のとおりです。

  • 代替えの検索結果しユーザーの利便性を損なわせるため
  • ユーザーのアクティビティを追跡するため
  • ブラウザデータを収集するため

はい、特に3つ目。犯罪に使われる前提です。PUA自体が悪さをするわけではありません。

PUAを利用して悪さをするんです。

warumono
悪さしようとしてるやつ

そもそも知らない人のPCブラウザをハッキングしている時点で、悪さする気まんまんですからね...

OYAKUN
「あれ?なんかおかしいな...」と感じたら、すぐに対処したほうが良いっすね。

PUAを削除することは難しくはない

基本的にPUAを削除することは、簡単な操作(対策1対策2対策3)で解決します。

computer_typing_hayai
作業を超スピードで完了させるやつ

PC側のコントロールパネルから削除する・アンインストールする、というよりは

  • ブラウザ上の設定をリセットする
  • 拡張機能を削除する

といった対策を行うことで解決に至ります。

とにかく思い当たるフシがあって、絶賛放置中な人はすぐにできる対策を講じた方が得策っす。

ikuji_houki
PC放置してせんべい500枚食べる主婦

こわい世の中になったな

とはいえフリーソフトのインストールを止めるっていうのもね

だからって怪しいサイトの無料セキュリティソフトをインストールして、ダークウェブに情報流れても本末転倒だろ

じゃあどうすんの?

OYAKUN
であればダウンロード時にPUAなどが介入しないよう、事前にブラウザのセキュリティレベルを上げおくことをオススメします。

クロームからbing検索させない予防策. ブラウザのセキュリティレベルを上げる

computer_antivirus2
ブラウザ自体がセキュリティ強化された

PCそのもののセキュリティ強化ももちろん大事ですが、そもそもインストールするのってブラウザから行うことが大半なはず。

というわけで、利用しているクロームブラウザそのもののセキュリティを強化しておきましょう

1. クロームの設定を開く

クロームブラウザ右上アイコン[] > [設定]をクリック

chrome-settei-01
クロームの設定をクリックする

2. セキュリティを選択する

[プライバシーとセキュリティ]を選択する。

privacy-image
プライバシーとセキュリティを選択した

3. セーフブラウジングのレベルを選択

[セキュリティ]を選択して

privacy-security
セキュリティを選択

[保護強化機能]にチェックを入れればOKです。

privacy-security-02
保護強化機能にチェック

ブラウザのセキュリティ強化の作業はこれでお終い。

やっとおわったぜ!!

クロームの保護強化機能について

network_dennou_sekai_woman
ウイルススキャンするサイバー女子

クロームの保護強化機能をオンにすることで、

  • ファイル
  • 拡張機能
  • フリーソフト

といったインストールファイルを、クローム側で自動スキャンしてくれるようになります。

ほえ~すげえじゃん

さらに、対象のインストールファイルが安全でない場合、ファイル廃棄を促すボタンが表示されるという優れもの。

blocked-file
安全なブラウジング保護

インストールの度に、スキャンプログラムなどと立ち上げる必要もありません

OYAKUN
無料で、しかもブラウザ側のセキュリティ強化が望めます。ぜひ導入してください。

クロームからbingを削除して検索エンジンを元に戻す対策3つのまとめ

クロームからbingに検索エンジンが代わってしまう時の対処法3つは以下のとおり。

  1. 拡張機能を削除する
  2. 設定から検索エンジンをChromeに変更する
  3. 検索エンジンのURLパスをChromeに修正する

また予防策は以下のとおりです。

特にPUAに感染する可能性のある、

  • フリーソフトのインストール
  • クローム拡張機能のインストール

といった作業を行った際は、一度ブラウザの設定などを見直したほうが良いでしょう。

もしくはインストール前にセキュリティ強度を上げておくなどPCの設定を見直すことも有効です。

OYAKUN
思わぬ情報が漏洩している可能性があります。検索からブラウザの表示が遅いときやPCの動作がやたら重いとき、検索ブラウザの設定を一度確認してみてください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

40代3児のパパ。小企業のWeb担なんでも屋。趣味はジョギングとばどみんとん。はしゃぎすぎて骨折5回(左肘・両足首・鎖骨・右手首)経験済み。最近やっとウィスキー飲めるようになりました。