ヘッダーロゴ

WordPressテーマを調べる5つの方法。ないしょのツールもこっそり伝授

WordPressのテーマやプラグインを調べる方法を漏れなく紹介します。

oyakun
どれもカンタンな手順で調べることができるので、ぜひ試してみてください。

関連記事:一瞬でWordPressのテーマを調べる方法。アドオンでね。

WordPress制作サイトを暴く6つの方法

WordPressサイトを暴く3つのツールと2つの検証方法、内緒のツールは以下の通り。

どれも「WordPress テーマ 調べる」で検索したとき、他のサイトでも使い方など紹介されている、定番なツールです。各使い方を紹介します。

1. WPSNIFFER(Chromeアドオン)

WPSNIFFER」はChromeのアドオンです。

WPSNIFFER-image (1)

アドオンを導入して、ワンクリックするだけですぐにサイトのWordPressテーマがわかります

  • Chromeアドオンを追加するだけ
  • WordPress導入有無だけならクリックしなくても分かる
  • URL等コピペせずワンクリックでWordPressテーマが分かる

WordPressテーマを確認するだけなら、以降に紹介するどのツールも不要

oyakun
それくらい使い勝手が良く、便利なアドオンです。

WPSNIFFERで分かること

WPSNIFFERでは、対象サイトで使われているWordPressのテーマだけがわかります。純粋にWordPressテーマを知るだけなら、「WPSNIFFER」だけで十分でしょう。

oyakun
実際にOYAKUNは他サイトのWordPressを調査する際は、特別なリサーチをしない限りWPSNIFFER(+Chromeの検証)しか使ってません。

WPSNIFFERの使い方

WPSNIFFERの使い方は以下の通りです。

  1. Chromeウェブストアを開く
  2. WPSNIFFERを導入
  3. 任意のサイトでWPSNIFFERアイコンをクリック

詳しくは以下記事をご参照ください↓

関連記事:WPSNIFFERの機能と使い方。こいつはヤバい

丸わかり!
一瞬でWordPressのテーマを調べる方法。アドオンでね。

Googleで検索していると時に   うわっ!きれいなサイトだな~...どんなテーマ使ってるんだろう...   なんてことありませんか? アヒルンあるある! というわけで今回は「C ...

続きを見る

2. IS IT WordPress?(Webツール)

IS IT WordPress?」は、Web上で利用できるツールです。

IS IT WordPress?

IS IT WordPress?」では、WordPressテーマを調べることはできません。WordPressで構築されているか否かを確認するだけのツールです。

IS IT WordPress?で分かること

IS IT WordPress?」で分かるのは以下の通り。

  • WordPressで構築されたサイトかどうか
  • ホストプロバイダー情報
  • Whois情報

WordPress制作されたサイトかどうか、のみを判断するだけなら「IS IT WordPress?」でも良いかと。

というのも、IS IT WordPress?では

  • 任意サイトのURLを貼り付ける手間がかかる
  • WordPressのテーマが分かるわけではない
  • Whois情報は日本語ドメインでは取得できない

といった理由から、特に使わなくても良いツールだと感じてます。

実際にプロバイダー情報やWhois情報を知れても、WordPressテーマのカスタマイズについて参考になるわけではないので...

アヒルン
ズタボロに言ってんなコイツ...
うちゅうじん
事実を伝えたまでだ。

IS IT WordPress?の使い方

IS IT WordPress?の使い方は以下の通り。

  1. https://www.isitwp.com/へアクセス
  2. 検索窓に任意のURLをコピペして検索
  3. 解析結果を確認

図解で解説↓

1. IS IT WordPress?にアクセス

https://www.isitwp.com/へアクセスします。

2. 検索窓に任意のURLをコピペして検索

検索窓にWordPress運用か知りたいサイトURLを貼り付けて、「ANALYZE WEBSITE」をクリック。

3. 解析結果を確認

サイトの解析箇所まで自動スクロールされるので、結果を確認します。

アヒルン
使い所がかなり限定されるツールなんだよね~...

3. What WordPress Theme Is That?(Webツール)

What WordPress Theme Is That?」も、Web上で利用できるツールです。

What WordPress Theme Is That?

What WordPress Theme Is That?で分かること

What WordPress Theme Is That?」で分かることは以下の通りです。

  • WordPressの親テーマ名
  • 検出可能なプラグイン情報
oyakun
What WordPress Theme Is That?では、全部ではありませんが対象サイトの5~6種ほどの導入プラグインを確認できます。

What WordPress Theme Is That?の使い方

What WordPress Theme Is That?の使い方は以下の通りです。

  1. https://whatwpthemeisthat.com/へアクセス
  2. 検索窓に任意のURLをコピペ
  3. 検索をクリック

図解で↓

1. What WordPress Theme Is That?にアクセス

https://whatwpthemeisthat.com/へアクセスします。

2. 検索窓に任意のURLをコピペして検索

検索窓にWordPress運用か知りたいサイトURLを貼り付けて、「虫眼鏡アイコン」をクリック。

3. 解析結果を確認

What WordPress Theme Is That?」の解析結果では、WordPress導入テーマと、数種類のプラグイン情報などを見ることができます。

URLを検索窓に貼り付けて検索する手間を考えれば、

  • WordPressのテーマ情報が分かる
  • 全てではないがプラグイン情報が分かる

といったようにIS IT WordPress?よりは、優れた検証ツールと言えるでしょう。

アヒルン
IS IT WordPress?かわいそう...
うちゅうじん
事実を言っているのだ。

WordPressテーマを丸裸にする内緒のツール「WP-Search

WP-Search」もWeb上で利用できるツールです。

WP-Search

WP-Searchで分かること

WP-Searchで分かることは以下の通りです。

  • サイトタイトル
  • トップページURL
  • サーバー
  • 親テーマ名
  • 子テーマ名
  • 導入プラグイン

表でまとめておきます。

項目 表示される情報
タイトル サイトのディスクリプション
トップページ サイトURL
サーバー 契約サーバー名称
テーマ 親テーマ名
※子テーマ 子テーマ名
プラグイン 一部プラグイン数種
※子テーマを導入していないサイトでは、子テーマ名は表示されません。

WP-Searchの使い方

WP-Searchの使い方は以下の通りです。

  1. wps.manuon.comにアクセス
  2. 検索窓に任意のURLをコピペ
  3. 検索をクリック

図解で↓

1. WP-Searchにアクセス

WP-Search」(wps.manuon.com)にアクセス。

2. 検索窓に任意のURLをコピペして検索

検索窓に任意のサイトURLを入力すれば...

3. 解析結果を確認

以下情報が一瞬でわかっちゃいます。

アヒルン
他のWebツールと違って、テーマやプラグイン情報が表として見られるようになってて分かりやすいね!

4. Chromeのページのソースを表示で調べる方法

アドオンやWebツール使わずWordPressテーマを調べる方法を紹介します。

1つはChromeでページのソースを表示して、WordPressのテーマを検索する方法です。

ページのソースを表示で分かること

Chromeのページソース表示で分かることは以下の通りです。

  • 親テーマ名
  • 子テーマ名
  • style.cssの中身
oyakun
html・css・Javascriptが分かれば、この方法が一番カスタマイズの参考になるんじゃないかと。

ページのソースを表示する手順

Chromeブラウザでページのソースを表示する手順は以下の通りです。

  1. 対象のサイトで右クリック
  2. ページのソースを表示をクリック
  3. ctrl+F(command+F)で「theme」と検索

図解で解説↓

1. 対象のサイトで右クリック

サイトテーマを調べたいサイトを開き、「右クリック」します。

page-source-image01

2.ページのソースを表示をクリック

Chrome操作のメニューが開くので「ページのソースを表示」をクリック。

page-source-image02

3. ctrl+F(command+F)で「theme」と検索

ページのソースが別タブで開くので、ctrl+F(command+F)で「theme」と入力して検索します。

page-source-image03

ディレクトリ「thtme」名の箇所が黄色でハッチングされ、親テーマの名前がすぐに分かります。

さらに下にスクロールすることで、cssの中身も確認することができます。

page-source-image04

アヒルン
え?こんな詳細な情報まで分かるの?
うちゅうじん
うん。

5. Chromeの検証機能で調べる方法

Chromeの検証機能で調べる方法もあります。

検証機能を使って分かること

Chromeの検証機能を使って分かることは以下の通り。

  • 親テーマ
  • 子テーマ
  • プラグイン
oyakun
ページのソース表示同様、こちらもフロントエンド側が分かればテーマ名はもちろん、プラグインや過去にアップロードされた画像まで情報取得できます。

検証機能を使ってテーマを調べる手順

Chromeの検証機能を使ってWordPressテーマを調べる手順は以下の通り。

  1. 対象のサイトで右クリック
  2. 検証をクリック
  3. Sourcesをクリック
  4. wp-contentをクリック
  5. themesをクリック
oyakun
最初は検証の使い方が難しいかもしれませんが、WordPressテーマを調べるだけなら上記手順で誰でも確認できます。

図解で手順を解説↓

1. 対象のサイトで右クリック

サイトテーマを調べたいサイトを開き、「右クリック」します。

2. 検証をクリック

Chrome操作のメニューが開くので「検証」をクリック。

3. Sourcesをクリック

Source」をクリック。

4. wp-content > themes をクリック

該当のサイトの「wp-contents」をクリック。

themes」をクリック。

5. themesを確認

themes」を開くことで、WordPressの親テーマ(子テーマ)を確認できます。

アヒルン
Chromeの検証機能あれば、ツールとかアドオンいらないんじゃない?
うちゅうじん
うん。

WordPressのテーマを調べるだけならWPSNIFFER一択

WordPressテーマを調べるツールは

  1. WPSNIFFER
  2. What WordPress Theme Is That?
  3. WP-Search

といった3つがあることを紹介しました。

じゃあどれ使えば良いのかというと、WordPressテーマを調べるだけなら「WPSNIFFER一択」でしょう。

リンク:WPSNIFFER

アヒルン
だってワンクリックで完了だもんね...

プラグインも調べるなら?

WordPressテーマも知りたいし、プラグイン情報も知りたい!というのであれば、以下2つのツールが有効です。

  • What WordPress Theme Is That?
  • WP-Search

SEO的な観点から言えば、サイトのディスクリプションが識別できる「WP-Search」を使うことをオススメします。

リンク:WP-Search

正直「Whois情報を取得」できたとしても、フロント側の実装には何も意味ありませんからね...

oyakun
Chromeを使ったソース確認や検証機能もとても便利なので、深くリサーチする際はぜひ使ってみてください。

あのサイトの仕組みを紐解こう!

OYAKUNの一番のお気に入りはもちろん「WPSNIFFER」です。広告もなく、ワンクリックでテーマを調べられるので本当に重宝しています。

他にもChromeの検証で調査すれば、アドオンも不要でテーマを調査することが可能です。覚えておくと良いでしょう。

oyakun
知りたい情報に応じて、便利なツールを使い分けてみてください。

関連記事: アクセス解析研究所を設置して極上の解析環境を構築しよう!
関連記事: Multi plugin installerの代わりにプラグインを一括登録するWp Favsの使い方
関連記事: 【最適化】WordPress・内部リンク専用プラグインShow Article Mapがスゴイ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ