スプレッドシートUNIQUE関数の使い方!簡単・便利で感動しちゃった

spreadsheetの使い方
https://pixabay.com/users/rawpixel/

サジェストキーワードの一覧で

 

重複しているキーワード

 

があったりすると「月間PV」や「競合率」なんかの整合が取れず、ムダなデータの比較を行ってしまいいがち。

 

そこで今回はスプレッドシートならではの「UNIQUE関数」を使って、重複セル問題を解決していきます。

スプレッドシートのUNIQUE関数で重複セルを一括削除だ!

unique関数、何やら聞き慣れない関数ですが使い方はExcelのif関数より簡単です。

 

UNIQUE関数で出来ること

unique関数で出来ることは

重複セルを削除して

別の列に表示

してくれること。

unique関数を使っている様子のGIF

いちいちフィルターとかかけなくても、直ぐに重複値を除いた結果を表示することができるんですよね〜

 

これ、何気にめっちゃ便利✨

 

UNIQUE関数の使い方1:結果を反映するセルを選択する

まず結果を反映するセルを選択します。

 

場合によっては一列追加したほうが早いです。(下図赤枠)

今回は例として「野菜」の名前の重複(A列)を、UNIQUE関数で削除していきます。

UNIQUE関数の使い方2:unique関数を入力して範囲を選択

unique関数は”=unique(重複範囲)”のカタチで機能します。

 

なので結果を反映するセルを選択したら「=unique( 」と※入力して…

※スプレッドシートでは半角英数入力必須全角入力が可能になりました!

次に「重複を確認する範囲」を選択して下さい。

 補足
テキストセル範囲が多い場合は、始点セル→「shiftキー」を押しながら終点セルを選択することで、一気に範囲選択することができます。

そしてEnterを押すと、重複セルが削除された結果が反映されました。

これはほんと簡単すぎだ・・

 

アヒルン
アヒルン

項目「野菜」の隣の「数量」は、if関数かvlookup関数を使って反映するかな。

うちゅうじん
うちゅうじん

数量の範囲もUNIQUE関数の範囲に指定すれば、重複値を除去してくれるぞ

アヒルン
アヒルン

え!マジっすか!

UNIQUE関数以外でセルの重複の判定を行う方法

UNIQUE関数を使わずに重複値を確認するなら、重複セルだけ色付けする方法もありですよね。

スプレッドシートで複数ある重複セルごとに色を変更する方法

 

別途色付けするアドオンで解決する手段もあります。

スプレッドシート・色でフィルターをかけるアドオンSort By Color!

 

ただアドオンを使った方法は、ネット回線がないと「データ取得・更新」が出来ないのがネック。

 

オフラインで行う他の方法なら、「条件付き書式を使った重複セルの色付け」の方法がオススメです。

[st-card id=239 label=”条件付き書式” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

まとめ:UNIQUE関数を使ってラクに簡単に重複キーワード管理をしよう!

unique関数がとっても使えるオトクな関数という記事でした。

  1. 結果反映するセルを選択
  2. =unique(範囲)入力してEnter
  3. 結果反映!やったぜ!

重複セルを削除するならほんともってこいな関数ですね。

 

色付けだけしたい!という方は「Remove duplicateアドオン」or「coutif関数」を使うと良いでしょう。

 

おしまい!

 

OYAKUN
OYAKUN
Excelにない機能を、アドオンやオリジナルの関数で補うって大変だけど楽しいですね♪

[st-card id=3248 label=”交差値が一瞬で” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=3208 label=”match関数” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=1270 label=”色フィルター!” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました