spreadsheetの使い方

INDEXとMATCH関数の組み合わせで行列の交差値が一瞬で取得出来るよ

更新日:

膨大なデータ表から「行と列の交差する値」を一発で取得出来たら・・

大幅な作業スピードUPに繋がりますよね(^^)

アヒルン
行と列の項目が可変しても値を取得できてる・・おぉw

 

今回は2つの関数、

index・match関数の組み合わせで
行と列の交差値を一瞬で取得する方法

についてご紹介させていただきます。

oyakun
indexとmatch関数を組み合わると、行列の交差値が簡単に取得出来ますよ。しかも早い!

index・match関数を組み合わせた使い方

以前「index関数の使い方」と

Index!
【オススメ関数】スプレッドシートindex関数の使い方|行列指定で値を取得!

スプレッドシートで列や行を指定して値を取得する事ができたら・・ とても便利です(^^)   冒頭GIFの文字取得方法、実はプログラムではなく「index関数」で構築することができちゃうんです ...

 

「match関数の使い方」についてご紹介させていただきました。

Match!
スプレッドシートmatch関数の使い方|検索した位置を返せるよ!

連続したデータの位置を一発で取得出来たら・・ 直ぐデータの詳細を確認することが出来ますよね(^^)   今回は検索した位置を取得する MATCH関数の使い方 についてご紹介していきます。

 

各関数の用途を簡単に説明すると

  • index関数:指定した行・列の値を取得することが出来る
  • match関数:検索値のセル位置を取得することが出来る

というもの。

 

各式の定義をもう一度おさらい⏬

❚index関数の定義

または

sample index関数のサンプル

❚match関数の定義

sample match関数のサンプル

 

では可変する行列の交差値をindex・match関数の組み合わせで取得する場合、どのように組み合わせていけば良いのでしょうか?

 

index関数とmatch関数の組み合わせ|行・列の交差値を取得する

 

index関数とmatch関数を組み合わせて行・列の交差値を取得するには、index関数の中にmatch関数を挿入して使います。

 

例)

=index(A1:D4、match(A1、2、0)match(B2、2、0)

例の内訳

=index(配列、MATCH(検索値、行番号、検索の種類)MATCH(検索値、列番号、検索の種類)

 

index関数の行番号・列番号をMATCH関数で指定するわけですね(^^) 例題で式の作り方を解説していきます。

 

index・match関数で行列の交差値を取得する例

テーブルの行列が交差する値(値段)をindexとmatch関数で求めます。

POINT!

ここで扱うテーブルとは「表」のことです。

上のテーブルから交差値を求める場合、例えば

  • セットが「セット1」
  • サイズが「S」

だったら値段は¥300になります↓

アヒルン
セットの種類とサイズに応じた値段が求められる、という式を作るんだね

 

今回はE1セルに「index+match」関数の式を作っていきます。

 

index関数で検索範囲を指定する

1・初めにindex関数を挿入して検索したい配列(範囲)を設定します。

=index(B4:D6,

 

match関数を挿入して行・列番号を取得する

2・次にindex関数の行番号を取得するためにmatch関数を挿入します。「match(B1、」と入力して行番号の「検索値」を指定します。

=index(B4:D6,match(B1,

 

3・match関数の行番号を探す「行範囲」を指定します。セット1〜セット3なので範囲は「A4:A6」と入力。

=index(B4:D6,match(B1,A4:A6,

 

4・match関数の「検索の種類」を指定します。完全一致の時の行番号を取得したいので「0」と入力して、カッコを閉じます。

=index(B4:D6,match(B1,A4:A6,0),

 

ここまででindex関数の「=index(配列、行、」までが作成できました。もう一度match関数を挿入して「列番号」を取得していきます。

 

5・index関数の列番号を取得するために、再度match関数を挿入して「列番号の検索値」を指定します。ここでは「B2」を選択。

=index(B4:D6,match(B1,A4:A6,0),match(B2,

 

6・match関数の列番号を探す「列範囲」を指定します。「B3:D3」と入力。

=index(B4:D6,match(B1,A4:A6,0),match(B2,B3:D3),

 

7・match関数の「検索の種類」を完全一致(0)で指定して、カッコを閉じます。

=index(B4:D6,match(B1,A4:A6,0),match(B2,B3:D3),0))

 

POINT!

index関数も終わりなので、カッコ閉じ2つ➜ ” )) ” でindex+match式を閉じましょう。

 

ここまでおつかれさまでした。実際に使ってみましょう\(^o^)/

次のページへ >



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2018 All Rights Reserved.