Google apps script getrangeでセルの値を取得しよう!

google apps script 入門

Google apps scriptでセルの値を自由自在に取得出来たら・・

データベースの値を確認するのが楽チンですよね♪

 

今回はGoogle apps script ・getrangeでセルの値を取得する方法についてご紹介していきます。

Google apps script getrangeでセルの値を取得する

初めに冒頭のGIFで使用したスクリプトをご紹介します。

Google apps scriptでセルの値を取得するには

  1. 取得するセルが存在するシートを選択
  2. セルの位置を取得する
  3. セルの値を取得する

といった順でスクリプトを書いていきます。

アヒルン
アヒルン

ぐぬぬムツカシそう・・

うちゅうじん
うちゅうじん

説明していくから見ていこう

1. シートを選択する

先ず「取得したいセルが存在するシート」を選択します。

1-1. スプレッドシートを開く

Google apps scriptでスプレッドシートを開く指示を書きます。

//スプレッドシートを開いてアクティブなシートを取得する。

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
アヒルン
アヒルン

スプレッドシートを開く時はSpreadsheetAppを使うんだね

うちゅうじん
うちゅうじん

そのとおり

SpreadsheetApp
クラスSpreadsheetAppでスプレッドシートを開くことができます。またgetActiveSpreadsheetで開いたスプレッドシートのアクティブなシートを取得します。
参照元:Spreadsheet-app

1-2. シートを指定する

次に取得したいセルが有るシートを選択します。

 

今回は ”データsample” というシート名を指定します。

//値を取得するシートを指定する

var sht = Spreadsheet.getSheetByName("データsample");
getSheetByname(シート名)
指定したシートの名前を返します。

2・セルの位置を指定して値を取得

セルの値を取得するために、シートの中からセルの位置を取得します。

2-1. getRange:セルの位置を指定する

getRnage()に値を取得したいセル位置(範囲)を記入します。今回はB6セルを指定しました。

//getrangeでB6セルを取得

var Value = sht.getRange("B6").getValue();
アヒルン
アヒルン

セルの範囲を指定して、valueで値を取ってくる・・

うちゅうじん
うちゅうじん

おお・・説明不要じゃないか

getRange()

今回はgetRange(a1Notation)を使用して、A1表記➜getrange(“A1”)でセルを指定しました。

方法戻り値の型簡単な説明
getRange
(row, column)
Range左上のセルが指定された座標にある範囲を返します
getRange(row, column, numRows)RangegetRange(row, column, numRows) Range 左上のセルが指定された座標で、指定された行数で範囲を返します。
getRange(row, column, numRows, numColumns)Range与えられた行数と列数を持つ、指定された座標の左上のセルを持つ範囲を返します。
getRange
(a1Notation)
RangeA1表記またはR1C1表記で指定された範囲を返します。

表引用:spreadsheet/sheet

2-2. getvalue:セルの値を取得する

Google Apps scriptでセルの値を取得にはgetValue()を使います。

 

getRange("B6").getVlaueでB6セルの値を取得して、var Vlaueに代入します。

var Value = sht.getRange("B6").getValue();
アヒルン
アヒルン

B6の値をValueに代入・・

うちゅうじん
うちゅうじん

・・・

getValue()

範囲の中の左上セルの値を返すことが出来ます。空の場合は空の文字列を返します。

参照元:spreadsheet/range

スプレッドシートアナリティクスのレポートを自動取得する方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました