Google apps scriptで日付を表示してみよう!

google apps script 入門

Google apps scriptで日付を表示出来たら・・

自動取得したデータの管理にもってこいですよね。

アヒルン
アヒルン

日付表示や取得は他の指示と一緒に使えれば便利そうだね!

うちゅうじん
うちゅうじん

知っておいて損はないだろう

というわけで今回はGoogle Apps Scriptで日付を取得する方法についてご紹介いたします。

Google apps scriptで日付を取得してみよう!

先に冒頭のGIFで使用したスクリプトをご紹介します。

Google apps scriptで日付を表示するには、「Dateオブジェクト」と「Utilities.formatDate」メソッドを使います。

  1. Dateオブジェクトで現在の日付を取得
  2. Utilities.formatDateで日付の書式を指定

といった手順ですね。

 

そこから

  • メッセージボックスに1を表示
  • 指定のセルへ1を表示

とする上記スクリプトを作成しました。

アヒルン
アヒルン

またなんだか難しそうな・・

うちゅうじん
うちゅうじん

大丈夫、1つずつ説明しよう

1. Dateオブジェクトで日付を取得する

Dateオブジェクトで現在の日付を取得します。

//Dateオブジェクトで現在の日付けを取得する   

var today = new Date(); /*取得した日付けをtodayに代入*/
アヒルン
アヒルン

Dateオブジェクトって何?

うちゅうじん
うちゅうじん

日付や時間を扱うことを簡単にしてくれる目的語のことだ

アヒルン
アヒルン

へ〜便利な用語があるんだね

Dateオブジェクト

Dateオブジェクトは日付や時間などを扱うためのメソッドが定義されている。使用することで時間の計算や日付の換算等を簡単に行うことができる。

 現在の日付、時刻のオブジェクトを作成 
   例:today = new Date();

参照元:banban/java/ref_15.html

2. Utilities.fomatDateメソッドで日付の書式を指定する

Utilities.formatDateメソッドで表示する日付の書式を設定します。今回は日付けを西暦・月日で表示してみます。

//取得した日付けを西暦月日で表示する

/*西暦月日をformatdateに代入*/

var formatDate = Utilities.formatDate(today(), "JST","yyyy年M月d日");
アヒルン
アヒルン

Utilities.formatDateメソッドの中にある“JST”って何?

うちゅうじん
うちゅうじん

“JST”=日本標準時のことだ。メソッドのタイムゾーンを設定する必要があるのだが、Google apps scriptの標準はGMT(グリニッジ標準)であり日本標準と9時間の時差がある。

アヒルン
アヒルン

JSTでタイムゾーン指定しないと現時刻から9時間もずれた時間を取得しちゃうんだね、なるほど・・

formatDate(date, timeZone, format)

Java SE SimpleDateFormatクラスで説明されている仕様に従って、日付の書式を表示します。

タイプ説明
dataDateDateStringとしての形式に
timeZoneString結果の出力タイムゾーン
formatStringSimpleDateFormat仕様ごとのフォーマット

引用元:utilities#formatDate

Logger.logで日付けが取得出来ているか確認

ここまで順調にきたら一度Looger.logメソッドを追記して日付けが正しく取得出来ているか確認してみましょう。

アヒルン
アヒルン

・・・できた!ログに表示されてるよ!

 

うちゅうじん
うちゅうじん

OK(日付が変わっているな・・)、では取得した日付けをメッセージボックスに表示してみよう。

関数で完成!スプレッドシートのプルダウンを連動する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました