spreadsheetの使い方

スプレッドシートのプルダウンを連動させよう!同じシートの中で設定する基本編

更新日:

スプレッドシートでプルダウンの連動が出来たら・・

とっても便利ですよね!

 

そこで今回は

スプレッドシートのプルダウンを
連動させる方法【基本編】

をご紹介していきます(^^)

スプレッドシートのプルダウンを連動させる方法をマスターしよう!

以前、スプレッドシートでプルダウンを設定する方法 とスプレッドシート・プルダウンで背景色を設定する方法 についてご紹介させていただきました。

プルダウン
スプレッドシートにプルダウンリストを作成!3ステップでカンタン設定♪

セルに入力する内容が決っている時、その度にテキストを入力するのって   とっても手間   ですよね。   こんな感じで「プルダウン」からテキストを選択出来ればとっても楽チ ...

背景色連動
スプレッドシート・プルダウンで背景色を設定する方法。これは簡単ベンリ!

スプレッドシートのデータを扱っていて、プルダウンで背景色を選択出来たら・・ すごく便利ですよねw   というわけで今回はスプレッドシートの  プルダウン 条件付き書式設定 を使って背景色を変 ...

上2つの記事は主にプルダウンと「条件付き書式」で設定しましたが、今回は

  • IFERROR関数
  • VLOOKUP関数

を駆使しながら

  • 同じシート内でプルダウン連動

この条件で設定を行っていきます。いわば基本編・・

同じスプレッドシート上でプルダウンを連動!

同じシート上でプルダウンの連動を設定します。特に

  1. 不変の参照元テーブル
  2. 可変の参照元テーブル
  3. データの入力規則を可変させる

この3つを作成・理解することでプルダウンを連動させることが出来ます。

 

POINT!

※テーブルとは ”データベース” のことを指します。

 

そんなに難しくないので、一緒にやっていきましょう(^^)

 

sampleシート もあるので、分からなければ参照しながら進めることも可能です。

1・プルダウン表示用のタイトルを作成

プルダウン表示用のタイトルを作成します。

 

2・プルダウン参照元の不変データベースを作成

次にプルダウンの参照元となる不変データベース(不変タイトル・サブタイトル)を作成します。

 

本データベースの作成場所は任意ですが、分かりやすいように ”プルダウンタイトルの横" に作成しました。

 

不変データベースの内訳

セル範囲D2~D11はタイトルのプルダウンA列の参照元。

セル範囲E2〜I11はサブタイトルの連動プルダウンB列の参照元。(次に作成する可変データベースと繋げます)

 

不変データベースのsampleです↓コピペして使用して下さい。

不変タイトル・サブタイトル(可変タイトル用のソース)
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ    
らりるれろ
わをん    

 

次の章が少し手強いです。しかしプルダウン連動に重要な箇所なのでがんばります(´・ω・`)

 

3・プルダウン連動元の可変データベース(表)を作成

プルダウン選択の値で連動が出来るように、可変のデータベース(可変サブタイトル)を関数で作成します。

 

不変のデータベースの2行下(場所は任意)に可変データベースのタイトルを作成します。

 

A列の値(プルダウン)を参照する数式を設置

プルダウンで選択されるA列の値を参照するために、可変データベースの一番左上(D14セル)に下記数式を設置。

 

セルD14に設置する数式  

=A2

 

D14に入力したらD23までオートフィルコピー。

 

A列の値で可変するためにVLOOKUP関数を設置

続いて可変データベースの領域に、下記VLOOKUP関数を使った数式を設置します。

VLOOKUP関数

垂直方向の検索。 範囲の 1 列目で指定したキーを垂直方向に検索し、同じ行内にある指定したセルの値を返します。

使用例:VLOOKUP(10003, A2:B26, 2, FALSE)

構文:VLOOKUP(検索キー, 範囲, 番号, [並べ替え済み])

引用元:https://support.google.com/VLOOKUP

 

またIFERROR関数を数式の頭に付けて、エラーの場合は空白を返す設定に。

IFERROR関数

エラー値でない場合は 1 番目の引数を返します。エラー値である場合は 2 番目の引数を返します(指定した場合)。2 番目の引数を指定していない場合は空白が返されます。

使用例:IFERROR(A1,"セル A1 にエラーがあります")

構文:IFERROR(値, [エラー値])

引用元:https://support.google.com/IFERROR

 

設置セルと設置する関数の内訳

E14セルに設置する数式  

=iferror(VLOOKUP($D14,$D$2:$I$11,2,0),"")

F14セルに設置する数式  

=iferror(VLOOKUP($D14,$D$2:$I$11,3,0),"")

G14セルに設置する数式  

=iferror(VLOOKUP($D14,$D$2:$I$11,4,0),"")

H14セルに設置する数式  

=iferror(VLOOKUP($D14,$D$2:$I$11,5,0),"")

I14セルに設置する数式  

=iferror(VLOOKUP($D14,$D$2:$I$11,6,0),"")

 

こんな感じになっていればOKです。

 

E14〜I14迄入力したVLOOUPの数式を23行目(不変データベースの最終行)までオートフィルでコピーします。

 

アニメーションで↓

 

POINT!

IFERROR関数にて「エラーの時は空白」としているので、ここでは可変データベース内は空白でOKです。

 

7割方準備が出来ました。後はプルダウンを設置していくのみです(^^) 

 

ただし単純にプルダウンリストを設置させるわけではありません。連動させるには少し手順を踏みます。

次のページへ >



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2018 All Rights Reserved.