スプレッドシートmatch関数の使い方|検索した位置を返せるよ!

spreadsheetの使い方

連続したデータの位置を一発で取得出来たら

直ぐデータの詳細を確認することが出来ますよね(^^)

 

今回は検索した位置を取得するMATCH関数の使い方についてご紹介していきます。

OYAKUN
OYAKUN
今回もスプレッドシートのsampleを用意してあるので、分かりづらい場所についてはぜひ参考になさってください。

スプレッドシートMATCH関数の使い方|定義

MATCH関数はセル範囲の中で指定した項目を検索し、該当する位置を返します。

MATCH関数

使用例

  • MATCH(“日曜日”,A2:A9,0)
  • MATCH(DATE(2012,1,1),A2:F2)

構文

MATCH(検索キー, 範囲, 検索の種類)

  • 検索キー – 検索する値です(42、”猫”、I24 など)。
  • 範囲 – 検索対象の 1 次元配列です。

引用元:https://support.google.com/MATCH

先にご紹介したindex関数と一緒に使うことで、複数のセル範囲を含めた検索や検索値がどの位置にあっても探すことが可能になります。

スプレッドシートindex関数の使い方|行列指定で値を取得!

 

index関数」はmatch関数と同様に覚えておきたい関数の1つです。

 

match関数を習得して ” 膨大なデータ “の検索を、一瞬で終わらせちゃいましょう(^^)

スプレッドシート・match関数の使い方はExcelと同じ

match関数は下記3つを設定します。

  • 検索値
  • セル範囲(1つの行・列)
  • 検索の種類

特に検索値とセル範囲は必須ですが、検索の種類は省略可能です。

項目範囲指定の有無
検索値指定必須。検索するキーを設定(数値、文字列、論理値)します。
セル範囲指定必須。検査・検索範囲。
検索の種類省略可。取得する値の最小〜最大値or完全一致を設定します。

index関数と違って、スプレッドシート・Excel間でmatch関数の使い方に違いはありません

スプレッドシート・match関数の使用例

下記図の検索セル(B2)の位置が、指定したセル範囲の何行目にあるのかmatch関数で求めます。

1. MATCH関数の検索値を決める

初めにmatch関数の「検索値」を指定します。

=match(B2,

 

2. 検索する「セル範囲」を指定する。

検索範囲の始点セル位置が、1行(列)目として設定されます。

=match(B2,B2:B6,

POINT!

検索範囲は検索値と離れた行・列でも動作します。但し同時に2つ〜の行・列を範囲指定することは出来ません。

 

3. 検索の種類を指定する。

省略可ですが、0(完全一致)を設定しました。これで指定した検索セルの位置を取得出来ます。

=match(B2,B2:B6,0)

「検索の種類」について詳細の具体例は後述します。

 

本章のmatch関数で取得した値は1(行目)となります。

実際のスプレッドシート↓

sample スプレッドシートでmatch関数を使ったsample

 

ではmatch関数の「検索の種類」について具体例を挙げながら、詳細を見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました