INDEXとMATCH関数の組み合わせで行列の交差値が一瞬で取得出来るよ

INDEX・MATCHを組み合わせて利用する

E1の値は行列の検索値が指定されていないため「エラー」ですが、実際には先ほど作ったINDEX・MATCH関数が入っています。

 

では行列の検索値を入力してみます。

1. 行列の検索値を入力する

=INDEX(B4:D6,MATCH(B1,A4:A6,0),MATCH(B2,B3:D3),0))

 

B1セルに「セット1」と入力し、INDEX関数に挿入したMATCH関数の「行の検索値」を指定します。

POINT!

先に行・列の項目をプルダウンリストで作成しておくと便利です。

スプレッドシートにプルダウンリストを作成!3ステップでカンタン設定♪

 

2. B2セルにサイズを入力する

任意のサイズを選択するためにB2セルに「S」と入力し、INDEX関数に挿入したMATCH関数の「列の検索値」を指定します。

 

するとE1セルに「¥300」と値段が返されました。

 

アニメーションで確認すると、エラー値が¥300に変わっているのが分かります↓

アヒルン
アヒルン

おぉやったw!意外と難しくなかったね!

10000万行以上あるテーブルでは特定の行列の交差値を求める事は大変な作業だと思います。

 

しかしINDEXとMATCH関数の組み合わせなら、このように一瞬で求めることが可能です。

 

特にMATCH関数で行・列の検索値をセルに指定して、

  1. 行の検索範囲をプルダウン範囲に登録
  2. 列の検索範囲をプルダウン範囲に登録

しておくことで、行と列の検索値をワンクリックで変更することが可能です

 

なので、プルダウンの併用はとてもオススメですよ(^^)

オススメスプレッドシート・プルダウンで背景色を設定する方法。これは簡単ベンリ!

INDEXとMATCH関数の組み合わせで行列の交差値を一瞬で取得するまとめ

INDEX関数とMATCH関数の組み合わせ、上手く出来ましたか?

  1. INDEX関数で範囲を設定して
  2. MATCH関数を挿入して行番号を取得
  3. MATCH関数を挿入して列番号を取得

2つの関数の定義を理解しておくのがちょっとアレですが、ぜひ本記事を参照して一度設定してみてください。

 

何万行もあるデータ表であればVLOOKUP関数よりも、断然INDEX+MATCH関数の組み合わせの方が読込が早いので重宝します

 

OYAKUN
OYAKUN
一度使ってみると意外と難しくないので、すぐに使い方を覚えられますよ♪

関連記事スプレッドシートMATCH関数の使い方|検索した位置を返せるよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました