Spreadsheet-importrange-Eyecatch

広告

【絶対感激】スプレッドシートIMPORTRANGE関数の使い方!他シートのデータを取り込めるゾ!

2017年8月10日

スプレッドシートIMPORTRANGE関数を使ってみよう!

1. 元データ/インポート先のスプレッドシートを2つ準備しておく。

先ずは参照用(元データ)とインポート先のシートを準備します。

  • 参照元シート
  • インポート用シート

今回はこんな感じのシートを2つ準備しました↓

参照元シート

インポート用シート

一度参照元シートをアクティブにしておきます。

2. 元データの引っ張ってくる範囲を決めておく。

今回は参照元シートのA1〜D21までを、インポート用シートに引っ張ります。

参照シート側

3. インポートするセルを決める。

今回はインポート用シートのA1セルに、「参照元シート」のデータをインポートします。

4. IMPORTRANGE関数を記入してデータを引っ張る

ちょっと見辛いのですが、先の構文に従って...

=IMPORTRANGE(スプレッドシートキー, 範囲の文字列)

IMPORTRANGE関数を入力してみました↓

すると読み込み(loading)が始まり、参照元シートのデータが「インポート用シート」に移りました。

IMPORTRANGE関数の構文書き方(特にダブルクオーテーションが自動付与されない)が特殊ですが、何度か書いていると直ぐに構文は覚えられますよ\(^o^)/

5. IMPORTRANGE関数が自動更新されているか確認

他のシートを更新したら、インポートしたシートも自動更新されるのでしょうか?

「参照元シート」を更新して試してみました。

「きたはらてつや」のテキストを「あああああ」に変更し、インポート用シートを覗くと...

きちんと更新されていますね♪

インポートしたデータ内容が自動更新されるなんて、とってもAIチックで素敵です。

まとめ. スプレッドシートIMPORTRANGE関数を応用して複数データを1つにしよう!

スプレッドシートのIMPORTRANGE関数の使い方を紹介しました。

まとめると

  • 2つ以上のシートを準備する
  • 引っ張ってくるデータ範囲を決める
  • 引っ張るセルにIMPORTRANGE関数を入力する

と構文を覚えてしまえば、設定手順はそこまで難しくありません。

IMPORTRANGE関数の使い方を応用すれば、別のシートで集計した内容を1つのシートにまとめることもできます。

OYAKUN
OYAKUN
書けたら複数シートを1つにする方法にを追記していきますネ!