ヘッダーロゴ

外部リンクを外す・拒否する否認ツールの使い方

スパム的な外部リンクを自サイトから外す方法を記します。

hinin-tool-howto_

否認ツールの使い方GIF

注意!

外部リンクの否認ツールは使い方はカンタンですが、ドメインパワーを左右するものです。否認するリンクの選定は慎重に行って下さい。

1. Search Consoleで外部リンクを確認

まずは否認する外部リンクを確認するため、Search Consoleにログイン<します。

Search-Console-image01

2. 外部リンクデータをエクスポート

Search Consoleにログインしたら、外部リンクデータをエクスポートします。

左メニュー下側にある「リンク」をクリック。

Search-Console-image02

画面中央下までスクロールして、「上位のリンク元サイト」>「詳細」をクリック。

Search-Console-image03

上位のリンク元サイトの画面が開くので、画面右上の「エクスポート」をクリック。

Search-Console-image04

任意のデータを選択してエクスポートします。

Search-Console-image05

oyakun
GoogleSpreadsSheetでエクスポートが便利です!

3. リンクしている上位のTOP10を確認

シートに外部リンク一覧を吐き出されたのを確認します。

oyakun
既に上位からソートされている状態で表示されます。

上位TOP10のサイトの内容を確認します。

ただし、外部リンクのURLを調べるためにそのままクリックすると、最悪ウイルス感染することも考えられます。そのため、次で紹介するURL確認ツールを使ってリンク先の安全性を確かめます。

注意!外部リンクはURL確認ツールで確認する

エクスポートしたデータに記載されたURLをそのままクリックしてしまうと、PCが危険なウイルスに蝕まれる可能性があります必ずURLチェックツールを利用して、外部リンクの危険性を確認すると良いでしょう。

URLチェックツールSecURL(セキュアール)
SecurlSecURL(セキュアール)

SecURL(セキュアール)は、

  • リンクスパムやウイルス感染の検出
  • 詐欺サイトのチェック
  • 短縮URLの解析や展開
  • さらにリンク先のサイトキャプチャ

といった様々な要素を一挙に確認できる、無料のウイルスチェッカーツールです。SecURLにアクセスし、検索窓に調べる対象のURLを貼り付けて「チェック」ボタンを押すだけで、対象のURLの安全性を確認してくれます

サイトキャプチも取れるので、外部リンク先がどんなサイトなのかイメージを共有するときにも有効です。

今回は、SecURLでリンク切れとなっているドメインを対象に、否認対象のtxtファイルへまとめました。

oyakun
とても便利でカンタンに扱えるWebツールなので、怪しいURLが見受けられたら事前にチェックしてみると良いですよ。

4. 否認対象のURLをtxtファイルにまとめる

否認対象となる外部URLをコピーして、メモ帳などに貼り付けます。
txtfile-matome

必ず「https://」または「https://」を付与したURLでテキストにしましょう。(テキストリンクのURLのみをスプレッドシートへ自動転機するGASはこちら↓)

URLを貼り付けたら、「txtファイル」として保存します。
text-hozon

複数のURLを貼り付ける時、カンマで区切らず改行でURLだけを貼り付けます。余計なテキストが含まれていると、次で行うアップロードで失敗します。

追記:テキストのハイパーリンクURLを一括取得するGAS

Googleスプレッドシートに吐き出したハイパーリンクのURLを一括取得して、同じシートに返す関数を載せておきます。

function getLinkUrltext() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getActiveSheet();
  var range = sheet.getDataRange();
  var data = range.getRichTextValues();
  var array = [];
  var lastRow = sheet.getLastRow();
  for (var i = 1; i < lastRow; i++) {
    var url = data[i][0].getLinkUrl(); //A列にあるハイパーリンクURLを取得
    array.push([url]);
  }
  sheet.getRange(1,5).setValue("URL↓");
  range = sheet.getRange(2, 5, array.length, 1); //B2セルからURLを出力
  range.setValues(array);
}

Search Consoleで外部リンクのシートをGoogleスプレッドシートで取得後、一気にテキストリンクURLだけを抽出することが可能です。

5. Search Consoleの否認ツールにtxtファイルをアップロード

否認する対象の外部リンクをまとめたtxtファイルを、Search Consoleの否認ツールへアップロードします。gaibu-hinin-tool

「プロパティの選択」から任意のサイトを選択します。

hinin-tool1

「否認リストをアップロード」をクリック。

hinin-tool2

否認リンクを保存したtxtファイルを選択して開く。

hinin-tool3

以下のように、「○ドメインと○URLが否認されています」と表示されていれば、正しくリンクが否認されています。

hinin-tool-kekka

ツール:サイトへのリンクを否認する

まとめ

任意の外部リンクを否認する手順をまとめると、以下のとおりです。

  1. Search Consoleで外部リンクを確認
  2. 外部リンクデータをtxtファイルにまとめる
  3. リンク否認ツールにアップロード

txtファイルさえ作成できれば、否認ツールにアップロードは難しい作業ではありません。

また、サイトの規模にもよると思いますが、ボットの回遊は翌日~翌々日くらいには完了する認識です。

oyakun
怪しいサイトと、一気におさらばしちゃいましょう!

関連記事: WordPressテーマを調べる5つの方法。ないしょのツールもこっそり伝授
関連記事: Googleスプレッドシート・色フィルターで絞り込む3STEP
関連記事: 【即戦力】Canva・枠付き文字をエフェクトを使わず作成する2STEP

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ