MySQL

【phpMyAdmin】データのエクスポートをCSVで行う方法

phpMyAdminのデータをCSVでエクスポートする方法を記します。

データをCSVでエクスポートする設定

 補足
phpMyAdminでデータベースを作成する方法を知っておくと、より本記事を活用できます!

phpMyAdminの管理画面からデータをCSVにてエクスポートする

phpMyAdminのデータベースやテーブルをエクスポートするには、管理画面上の「エクスポート」タブを選択することで操作することができます

 

エクスポートタブを選択した画面

 

ただし選択している画面の状態で、エクスポートタブを選択後のエクスポート画面の操作内容が異なることに注意です。

本記事では、エクスポートタブを選択する前の選択画面を指定しながら、操作の手順を説明しています。

例として、phpMyAdminにある以下データベースをエクスポートしてみます。

phpMyAdminのデータベース

1. phpMyAdminのデータベース全てをCSVでエクスポートする

phpMyAdminのホーム画面にいる状態にて、

phpMyAdminホーム画面にいる状態

 Point
テーブルやデータベースを選択していない状態、ホーム画面です。

エクスポートのタブをクリックし、エクスポート内容の操作画面に遷移します。

エクスポートタブを選択した画面

エクスポート内容の操作画面の画像

フォーマットの項目で「CSV」をプルダウンから選択し、「実行」すると...

項目フォーマットのプルダウンからCSVを選択

CSVデータエクスポートを実行

選択項目の内訳

  • エクスポート方法は「簡易
  • フォーマットは「CSV
  • エコーディングへの変換は「なし

自分が作成したデータベース(mydbとtest)のCSVコードが、表計算ソフトで表示されます

ダウンロードしたファイルが表計算ソフトで表示された画面

ファイルがダウンロードされない時の対処法↓

2. phpMyAdminのデータベースごとにCSVでエクスポートする

先にエクスポートしたいデータベース(今回はtest)を選択してから、

エクスポートする対象のテーブルtestを選択

 Point
後からでもエクスポート先のデータベースを選択することは可能ですが、先に選んでおいた方がスムーズです。

エクスポートタブをクリックすると、エクスポート内容の操作画面に遷移します。

エクスポートタブを選択した画面

データベースごとにエクスポートをする操作画面

フォーマットの項目でプルダウンから「CSV」を選択し「実行」をクリックすれば、

項目フォーマットのプルダウンからCSVを選択

フォーマットCSVにてエクスポート実行

選択したデータベースの中にある全テーブルのCSVコードが、以下のように吐き出されます。

"1";"電解コンデンサ";"3"
"2";"チップ抵抗";"200"
"3";"LED";"40"
"4";"コネクタ";"3"
"1";"チップ抵抗";"1000"
"2";"LED";"200"
"3";"トランジスタ";"40"
"1";"1";"電解コンデンサ";"10"
"2";"1";"電解コンデンサ";"400"
"3";"3";"トランジスタ";"40"
"4";"1";"電解コンデンサ";"10"
"5";"3";"トランジスタ";"34"
"6";"6";"スイッチ";"4"
"7";"7";"コネクタ";"40"
"8";"3";"チップ抵抗";"300"
"9";"4";"LED";"600"
"1";"佐藤くん";"埼玉県";"111"
"2";"鈴木くん";"群馬県";"222"
"3";"田中さん";"東京都";"333"
"4";"高橋さん";"神奈川県";"444"
"1";"電解コンデンサ";"100"
"3";"チップ抵抗";"1000"
"2";"LED";"3000"
"1";"電解コンデンサ";"200"
"2";"LED";"250"
"1";"電解コンデンサ";"300"
"1";"チップ抵抗";"100"
"電解コンデンサ";"300"
"チップ抵抗";"30000"
"トランジスタ";"100"
"レギュレーター";"50"
"LED";"6000"
"スイッチ";"3000"
"コネクタ";"300"

(↑上記は全6テーブルのCSVデータです。)

エクスポートしたCSVデータのテーブル6つ

 

phpMyAdminのデータがエクスポートできないときの対処法

phpMyAdminのデータをエクスポートしようと思っても、ファイルがダウンロードできないときの対処法を載せておきます。

 

oyakun
実際に僕がダウンロードできてなくて迷いました...(泣)

エクスポートファイルのダウンロード設定方法

phpMyAdminのホーム画面やテーブル選択画面のどの画面からでも良いので、エクスポートタブを選択します。エクスポートタブを選択した画面

エクスポート方法の項目で「詳細」を選択すると...

エクスポート方法の項目で詳細を選択した画面

画面下側に「出力:」の項目が表示されます。

出力の項目が表示された画面

フォーマットを「CSV」にして

フォーマットをCSVに変更した画面

出力をファイルに保存するを選択し、実行すれば...

出力をファイルに保存するを選択した画面

ファイルに保存を選んで実行

PCにデフォルトで入っている表計算ソフトで、ファイルが表示されるはずです。

ダウンロードしたファイルが表計算ソフトで表示された画面

僕はPCがMacなので、「Numbers」にダウンロードしたファイル内容が表示されています

Excelでファイルダウンロードする方法

ダウンロードファイルをExcelで開く場合は、フォーマットの項目で「CSV for MS Excel」を選択すればOKです。

フォーマットの項目で「CSV for MS Excel」を選択した画面

まとめ

phpMyAdminにあるデータをCSVデータでエクスポートする方法でした。

 

ポイントはphpMyAdminの画面にて

  1. エクスポートタブを選択

  2. フォーマット項目で「CSV」を選択

すれば、簡単にデータファイルをエクスポートできます

 

デフォルトだと、ファイルダウンロードの設定になってないかもなので、先に設定しておくことをオススメします(^^)

 

oyakun

>【MySQL】LIMIT句の使い方。データ取得の上限を指定する方法

>【MySQL】WHERE・AND・ORを使ったデータ検索の方法(phpMyAdmin)

>【MySQL】DISTINCTで重複したデータを除外した結果を取得する方法



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2019 All Rights Reserved.