SSL化(https)のメリットとデメリット。SEOやクロールに影響はあるの!?

SSL導入によるデメリットその2. SNSカウントがリセットされる

httpsに設定することでサイトが新規作成されたニュアンスになります。

 

そのためSNS(Twitterやfacebook)で拡散・カウントされた数字は、リセットされてしまうんです。

 

いままでの苦労が水の泡になってしまうんですね。

 

アヒルン
アヒルン

え〜あんなにシェアされたあの記事もこの記事も全部ゼロに戻っちゃうの??

うちゅうじん
うちゅうじん

地球の法則は試練。しかし乗り越えられない試練はない。

アヒルン
アヒルン

?どうゆうことですか?

うちゅうじん
うちゅうじん

工夫すればカウント数を戻すことも可能だ。

アヒルン
アヒルン

え〜教えてください!!

うちゅうじん
うちゅうじん

では別記事にてそれはお話しよう。しかしアヒルン。君の記事はまだシェア数ゼロだったな。話は先ずシェアされてからだ。

アヒルン
アヒルン

・・・・・・・はい(´;ω;`)

 

SSL導入によるデメリットその3. お金が少しかかる

SSL導入するデメリット3は少しお金がかかること。

 

これは契約しているサーバーや、サービス内容によって変わってきます。

 

ここでは代表的な書き3つのサーバー料金について記載しておきます。

  1. お名前.com
  2. さくらインターネット
  3. エックスサーバー
お名前.com
お名前.comはSD-11プランで上乗せ実質100円でSSL化に設定できます
一番低いプラン(SD-11)であれば、月額に+100円なのでそこまで負担は多くないですね。
独自SSL 共有SSL
IPアドレスベースSNI SSL(ネームベース) 
https://○○.com (独自ドメイン) https://初期ドメイン名/
https://XXX.○○.com/secure (独自サブドメイン) https://secure○○.sakura.ne.jp/xxxx.com
お客様のドメイン名と同じURLが表示されます。 当社のドメイン名が表示されます。SSL通信による情報の保護機能は独自SSLと同等です。

引用元:https://www.onamae.com/server/sd/ssl/

さくらインターネット
さくらインターネットだと「共有SSL」設定は無料で行えます。また「独自SSL」であれば、月額515円でSSL設定が可能です。
 
独自SSL共有SSL
IPアドレスベース・SNI SSL(ネームベース) 
https://○○.com (独自ドメイン)https://初期ドメイン名/
https://XXX.○○.com/secure (独自サブドメイン)https://secure○○.sakura.ne.jp/xxxx.com
お客様のドメイン名と同じURLが表示されます。当社のドメイン名が表示されます。SSL通信による情報の保護機能は独自SSLと同等です。
http://www.sakura.ne.jp/function/common-ssl.html
 
エックスサーバー
僕も使っているエックスサーバーですが、なんと独自SSL設定は無料でできます。(エックスサーバーで運営しているドメインが対象です)
 
 
共有SSLは無料というものはあるのですが、独自SSLが無料なのはエックスサーバーだけです。

 

無料独自SSLの特長

当サーバーで運営中のドメインに対して無料・無制限(※)で独自SSLを利用することが可能です。
面倒な手続きもなく、Web上で誰でも簡単に利用していただけます。

ドメイン認証型SSLが無料・無制限で利用可能

[PR]エックスサーバー

 

アヒルン
アヒルン

わあ…サーバーってこんなにたくさんあるだね。

うちゅうじん
うちゅうじん

比較して自分に一番合うサーバーを選択すると良い。まだ紹介していないサーバーもあるが、大まかに分けて代表的な3つを紹介した。SSL化の技術は未知な部分もある。しかし、機密情報を暗号化することは” ユーザーのためになっている “と考えられる部分であるのだ。

アヒルン
アヒルン

そうですね、しっかり検討してみます!

 

まとめ

HTTPS化をGoogle先生が導入を勧める理由について何となく理解していただけたでしょうか?

 

HTTPの部分がHTTPSに変更になるので、既存サイトのURLがHTTPのままな人はHTTPSへの移行が少し手間になってしまうと思います。

 

しかし自分で商品を購入する際も、やはり安全なサイトから買いたいですよね。

OYAKUN
OYAKUN
これから益々httpsが標準になってくるのであれば、導入しておくことを個人的にはオススメします。

参考記事 WordPressのパーマリンクとpost-id設定は意外と大事という話

コメント

タイトルとURLをコピーしました