ヘッダーロゴ

WordPressをhttps化!設定方法とか手順だよ。

Https化やってますか?

以前https化のメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

httpsって何?
SSL化(https)のメリットとデメリット。SEOやクロールに影響はあるの!?

ご存知でしょうか?   Googleが「httpサイトを危険なサイトと表示」する   と公式に発表していたことを... より安全なWebへの移行 2016年9月8日 最終的には、す ...

続きを見る

しかし!

そもそもお役立ち.xyzをhttps化してないという暴挙...

アヒルン
灯台下暗しとはこのことですね
うちゅうじん
そうだそのとおりだ

というわけで今回は自戒も込めて、WordPressサイトをhttps化した設定方法についご紹介させていただきます。

エックスサーバーを利用したhttps化の設定手順を解説しています。

WordPressサイトをhttps化する手順|エックスサーバー編

概要としては、サイトURLのhttpをhttpsに変更していく手順のご紹介です。

 

エックスサーバーのSSL化はさほど難しくないです。

 

しかし、WordPress内の画像URLなどを「http〜」→「https」に変更する作業が必要です。

oyakun
プラグインで解決出来るので心配はいりません。後述しているのでぜひ読み進めてみて下さい。

エックスサーバーにログインしてSSL化を設定!

先ずはエックスサーバーにログインします。

インフォパネルへログイン

エックスサーバーへログインしたら、インフォパネルに入ります。エックスサーバー > インフォパネルをクリック

IDとパスワードを入力

インフォパネルに入るために、IDとパスワードを入力します。

IDとパスワードはメールで最初にサイト登録した際にメール通知されます。見当たらないときは、迷惑メールフォルダを探すか再設定を行うと良いでしょう。

サーバーパネルへログイン

インフォパネルに入ったら、次にサーバーパネルへログインします。

 

ログイン」をクリックして次へ。

SSL設定を行う

サーバーパネルに入れたら、画面右側にある「SSL設定」をクリックします。

アヒルン
いよいよSSL設定にうつるんだね

SSLの設定を更新してhttps化しよう

SSLとは「Secure Sockets Layer」と呼ばれ、Webサイトを閲覧しているユーザーのデータ通信を保護するための仕組みのことを指します。

SSL設定するドメインを選択

SSL設定をクリックするとドメインの選択画面に入ります。

 

https(SSL)化したいドメインを選択しましょう。

独自SSL設定の追加(仮)

https(SSL)化したいドメインを選択すると下記画面に...あ 

 

あw!

 

ほんっとすみません、既にお役立ち.xyzサーバーはhttpsに設定してました。

すみません、自分で以前設定していたのを気づいてなかった...

補足

というのも以前エックスサーバーでは日本語ドメインのhttps設定が出来ませんでした。が、いつの間にやら設定が行えるようになっていた模様...無知でした

oyakun
設定しているサーバーの更新通知は目を通しておきましょう(泣)

仕切り直して、違うURLでドメインのhttps化を設定していきます。

SSL設定画面から独自SSL設定の追加を行う

先のドメイン選択画面で設定するドメインを選択して...

SSL設定画面にて「独自SSL設定の追加」をクッリクします。

https化した際に表示されるであろう「https://ドメイン名」が表示されましたね。

次に画面右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

すると "「www.peacenewsline.click」に独自SSL設定を追加しました。" と表記されます。以下画面になれば、WordPressサイトのhttps化は準備OKです。

上記画像の下部分に表示されていますが、SSL設定が反映されるまでは1時間くらいかかることがあります

SSL設定の反映には時間がかかる

アヒルン
でも直ぐに確認してみたいんだけど...

と自分勝手なOYAKUNは、SSL設定したドメインを検索窓に打ち込んでみることに。

アヒルン
httpsの表示に訂正線らしき赤い線が(泣)

さらに画面全体を確認してみると...

アヒルン
うあ...

保護されていない通信と赤文字で表示されてしまいました。

 

原因はサーバー側でhttpsの設定が完了してない状態だとこのように赤く表示されます。

 

設定したからって直ぐに「httpsサイトだ〜やった〜...」と思って設定したドメインを開いてみても、現実はそんなに甘くないようです。

うちゅうじん
地球の法則は等価交換である。
アヒルン
へ、へえ〜...

SSL設定が完了したhttpsドメインの表示はこんな感じ

1時間(実際には30分くらい)経ったら、再度「https://自分ドメイン名」にて検索してみましょう。

 

さて僕のサイトはどうなったか覗いてみると...

無事「https://peacenewsline.click」で表示されておりました

アヒルン
イエーイ!

「保護されたページ」の表示が出ても30分〜1時間くらい経過してから確認すれば、エックスサーバーでは登録は終わっているようです。

 

焦らず別の作業しながら待ってみてください。

 

次のページでは、WordPressの中の「http〜」で始まる部分を「https」へ変更していきます。

 

サーバーはhttpsでもWordPressのドメイン設定が違っていれば、変更した意味がなくなってしまうので、ここまできたら必見です。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ