WordPressの設定

WordPressをhttps化!設定方法とか手順だよ。

SSL設定画面→独自SSL設定の追加

先のドメイン選択画面で設定するドメインを選択して・・

SSL設定画面にて「独自SSL設定の追加」をクッリクします。

https化した際に表示されるであろう「https://ドメイン名」が表示されましたね。

 

次に画面右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

すると "「www.peacenewsline.click」に独自SSL設定を追加しました。" と表記されます。

 

以下画面になれば、WordPressサイトのhttps化は準備OKです。

上記画像の下部分に表示されていますが、SSL設定が反映されるまでは1時間くらいかかります

 

アヒルン
アヒルン

でも直ぐに確認してみたいんだけど・・

 

というご要望がありそうなので、実際に設定した直後に検索窓に「https://peacenewsline.click」と打ち込んでみると・・

 

アヒルン
アヒルン

おっふ・・httpsの表示に訂正線らしき赤い線が(泣)

 

さらに画面全体を確認してみると・・

アヒルン
アヒルン

うあ・・・

 

 

保護されていない通信と赤文字で表示されてしまいました。

 

原因はサーバー側でhttpsの設定が完了してない状態だとこのように赤く表示されます。

 

設定したからって直ぐに「httpsサイトだ〜やった〜(´∀`*)ドゥウフフ・・」と、現実はそんなに甘くないようです。

うちゅうじん
うちゅうじん

地球の法則は等価交換である。

アヒルン
アヒルン

へ、へえ〜・・・

httpsサイトになったか確認しよう!

1時間(実際には30分くらい)経ったら、再度「https://自分ドメイン名」にて検索してみましょう。

 

さて僕のサイトはどうなったか覗いてみると・・

 

無事「https://peacenewsline.click」で表示されておりました

 

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

 

「保護されたページ」の表示が出ても30分〜1時間くらい経過してから確認すれば、エックスサーバーでは登録は終わっているようです。

 

最初にちょっとびっくりするような内容が表示されてしまうのですが、そこまで気にせず待ってみましょう♪

 

次のページではWordPressの中の「http〜」で始まる部分を「https」へ変更していきます。

 

サーバーはhttpsでもWordPressのドメイン設定が違っていれば変更した意味がなくなってしまうので・・

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
OYAKUN

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2020 OYAKUDACHI.XYZ