ヘッダーロゴ

スプレッドシートをExcelへ変換させる超・簡単な方法

スプレッドシートで作成したデータをExcelで編集したい時ありますよね。

今回はスプレッドシート→Excelへ変換させる超お手軽で簡単な方法をご紹介いたします。

スプレッドシートからExcelへ変換させる方法

拍子抜けするくらい簡単です。3クリックで変換できます。

 

今回Excelへ変換するスプレッドシートはコチラ↓

グラフを挿入しときました。

 

値はRAND関数で適当に割り振ってます。

 

STEP1. 変換したいスプレッドシートのファイルを選択

先ずはExcelへ変換したいスプレッドシートのタブで「ファイル」を選択します。

 

STEP2. 形式を指定してダウンロードを選択

ファイルメニューの中から、「形式を指定してダウンロード」を選択します。

 

STEP3. Microsoft Excel(.xlsx)を選択

次に「Microsoft Excel(.xlsx)」を選択します。

 

これでおしまいです。

 

Excel形式に変換されたフォームがダウンロードされました↓

 

スプレッドシートのExcel変換を確認してみる

さっきのダウンロードされたファイルをダブルクリックして、Excelで展開してみましょう。

 

Excelで展開されました。

 

スライドショーで比較。

Excelの拡大をスプレッドシートに合わせてないので、ごめんなさい多少見づらいっす。

 

グラフの相違点でぱっと見て分かるのは

  • 凡例位置
  • 日付表示
  • 罫線の有無
  • 縦軸の値

でしょうか。

 

同じデータですが、縦軸の値の相違について触れておきます。

 

どちらも縦軸は0〜1までが表示されていますが、

 

スプレッドシートは0.25ずつ表示されている

Excelのは0.1ずつ表示されている

 

という点がグラフを扱う時に大きく違ってくるのかな〜と思いました。

 

追記:Excelからスプレッドシートへデータ変換するには

Excelからスプレッドシートへ変換する手順です。

 

STEP1. GoogleDriveにExcelファイルをドロップ

まずGoogleDriveを開き、ExcelファイルをGoogle Driveにドロップします。

 

STEP2. Excelファイルをスプレッドシートで開く

入れたExcelファイルが表示されるので、ファイルを「ダブルクリック」

 

すると画面が暗くなり

 

画面上部に「Googleスプレッドシートで開く」ボタンが表示されるのでクリック

 

するとスプレッドシートで表示されます。

 

やっぱり縦軸の値が0.25ずつですね。

やってみたスプレッドシートの印刷をスマホからコンビニで!実際にやってみたよ!

スプレッドシートをExcel変換するまとめ

https://pixabay.com/users/MarcelloRabozzi/

細かい設定値での比較・検証が必要であれば、最初からExcelでデータベースを作成したほうがオススメです。

 

ただスプレッドシートは端末を問わず

  • ネット回線があれば使える
  • チャットも出来る
  • 更新された時に通知もできる
  • 特定ユーザーに対して共有が簡単
  • 別途インストールする必要もない

ので僕は大好きです。

 

ただExcelの方がマクロが使えて馴染みがあるから便利。

 

しかし!!!スプレッドシートもVBAのような機能、スクリプトエディタが使えるのでガンガン紹介していきます。

oyakun
以下リンクからスクリプトエディタの入門編を確認できます。ぜひ
hello
Google apps scriptでhello worldを表示させよう!

Google apps scriptを使ってスプレッドシート内に 自由にメッセージを表示出来たら自分用のアラート等に便利ですよね。 というわけで今回はGoogle apps script入門の第二弾G ...

やってみたGoogle apps script 入門|何が出来るの?特徴3つまとめてみました

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

OYAKUN

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

© 2021 OYAKUDACHI.XYZ