spreadsheetの使い方

スプレッドシートarrayformula関数の使い方!複数セルへ一気に反映!

更新日:

数式って便利なんですが、連続して入力するのって大変ですよね。

 

でも「arrayformula関数」を使うと始点セルに入力するだけで、

  • 他のセルにも一気に反映させられる
  • 計算結果の表示がスピードUPする

事ができちゃうんです\(^o^)/

 

Excelには「arrayformula関数」はありません!

 

今回はそんな作業時間を一気に短縮してくれるスーパー関数

ARRAYFORMULA関数の使い方

についてご紹介していきます∠(`・ω・´)

スプレッドシートarrayformula関数の使い方!複数セルへ一瞬で反映させよう!

ARRAYFORMULA関数を使うと、本当に数式を入力するスピードが早くなります。

 

だって1つのセルに入力すれば終わりですからね。

 

しかも計算処理もされた結果が反映されて、スプレッドシートの表示速度もあがるっていう良いことばっかし。

 

アヒルン
なぜExcelにないんだ・・

 

ほんこれ↑

スプレッドシート・Arrayformula関数の概要

まずはARRAYFORMULA関数の概要から。

arrayformula関数の概要

配列数式から返された値を複数行または複数列に表示したり、非配列関数で配列を使用したりすることができます。

引用元:arrayformula関数

ちょっとわかりづらいっすね。

 

ざっくり言うと、入力した関数を配列に表示出来ますよ〜ってことかなと。

 

この辺は「arrayformula関数」を実際に使ってみると体感してもらえるハズ\(^o^)/

 

arrayformula関数の構文

実際に使う前に「arrayformula関数の構文」について説明しておきます。

arrayformula関数

=ARRAYFORMULA(配列数式)

 

アヒルン
配列数式ってなんなの??

 

配列数式

1 つの範囲か、1 つのセル範囲または同じサイズの複数範囲を使用する数式か、1 つのセルより大きい結果を返す関数を指定

 

ちょっと意味が分かりづらいのですが、「1つのセルではなく必ず複数セル範囲を選択して下さい」という解釈でOKかと。

 

また、ARRAYFORMULA関数で数式を作成・入力すると隣接するセルに自動的に展開されます。これが便利!

 

この辺りも実際に使ってもらえれば何となく分かってきます。

 

POINT!

セルに「=」を入力した後、下記コマンドで

  • windowsなら「ctrl+shift+Enter」
  • macなら「command+shift+Enter」

一発で「ARRAYFORMULA関数」を入力できます。

”=ARRAYFORMULA"って入力するのはかなり大変なので、ショートカットキーで入力するのをオススメします。

 

アヒルン
スペル間違えもないしネ!

 

この関数だけショートカットキーが割り当てられてるのを見ると、Google先生はARRAYFORMULA関数を積極的に勸めているのを感じ取れます。

 

では「ARRAYFORMULA関数」を使ってみましょう。

次のページへ >

広告と関連記事


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
oyakun

oyakun

30代半ば♂妻・子3人の5人で日々激戦中。Google app script&VBA初心者が自分の備忘録を兼ねて「スプレッドシート、Excel、WordPress、plugin」の設定等、主にブログやアフィリエイト周辺のtipsを背伸びしながらご紹介しています。

Copyright© OYAKUDACHI.XYZ , 2018 All Rights Reserved.