スプレッドシート印刷範囲の設定方法。知っ得2つのマル秘情報をご紹介!

スプレッドシートの印刷範囲を表示して余白を指定しよう!

非表示にしなくても、あと1行・1列を調整できれば上手く印刷範囲に入るんだけどな〜・・

 

そんな場合は印刷設定の画面から「余白幅の調整」も可能です。

注意

スプレッドシート印刷の際、スマホからの余白設定は2018年1月26日時点では未対応のようです。

スプレッドシートの印刷設定・余白幅の調整手順

手順1. ファイル>印刷>印刷設定画面

ツールバータブ「ファイル」から「印刷」をクリックすると・・

 

「印刷設定」画面が開きます。

 

手順2. 右サイドバーの「余白」>カスタム数値

印刷設定の画面が表示されると、右サイドバーにメニューが表示されます。ここで「余白」をクリック。

 

プルダウンから「カスタム数値」をクリック。

 

すると印刷プレビューの余白画面が出てきます。

ナンバリング箇所の余白

①・・上の余白

②・・右の余白

③・・下の余白

④・・左の余白

位置情報、そのままっすね。

4. 余白の数値をリライトor矢印で調整

余白の部分は選択して直接リライトするか・・

 

直接「余白の線(青色)」を動かして余白幅を調整出来ます。

 

モチロン上下だけでなく左右も同様に余白幅を調整できます。

 

なので「あと1行、あと1列を印刷範囲に加えたい!」という場合は、こうした余白調整で解決することが多いでしょう。

※スプレッドシートは印刷設定で「ヘッダーとフッター」を指定すると、上下の「余白1.524cm」が自動で割り当てられます。(編集不可)

 

スプレッドシートの印刷範囲に見出しを設定しよう!

余白の調整が出来た!さらに2ページ目にも同じ「見出し」を設定したい!

 

Excelだと「印刷タイトル」で固定出来たけど・・

 

スプレッドシートには「印刷タイトル」という表示が見当たらない!

 

どうやって見出しを設定すればよいの?

 

というわけでスプレッドシートの印刷時、見出しを設定する手順です。

スプレッドシート・印刷範囲の見出し設定手順

手順1. 固定したい見出し行を選択。

繰り返し見出し印刷させる行を選択します。(例として1行目)

 

手順2. タブ「表示」>「固定」>「現在の行(列〜)まで」を選択

次に表示メニューから「現在の行まで」を選択します。

 

手順3. 「印刷>ヘッダーとフッター>固定行を繰り返す」にチェック

印刷設定画面にて「ヘッダーとフッター」をクリックして・・

 

一番下にある「固定行を繰り返す」に”✔”

 

これで1ページ目と同じ見出しが・・

 

2ページ目以降にも表示されました!

 

通常の「行・列表示の固定がそのまま印刷の見出し固定になる」ので個人的には分かりやすいかなと(^^)

 

最後に印刷範囲を一枚にまとめる設定方法をご紹介致します。

 

これも超カンタンですよ\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました