スプレッドシートの印刷には改ページ機能を使おう!範囲指定が超カンタン♪

スプレッドシート,印刷,改ページspreadsheetの使い方

前ページでは改ページの使い方についてご紹介しました。

 

さて改ページ機能の使い方のコツは予め印刷する範囲を決めておくことです。

注意!
広範囲を指定すると印刷倍率が小さくなるので注意が必要です。

というわけで実践。

スプレッドシートの改ページで指定範囲を印刷する方法

下図の黄色塗りつぶし箇所を、改ページで範囲指定して印刷します

スプレッドシート,印刷,改ページ

まずは改ページの設定画面を表示します。

改ページの設定画面を表示する

「印刷 > カスタムの改ページ > 編集」をクリックして “改ページの設定画面” を表示します。

スプレッドシート,印刷,改ページ

印刷範囲を確定する

行と列の青線を印刷範囲となる箇所へ移動して、

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

「改ページ確定」をクリックすれば・・

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

黄色の塗りつぶし箇所だけを印刷範囲に設定することが出来ました。

スプレッドシート,印刷,改ページ

改ページの印刷範囲を印刷する

改ページで設定した指定範囲を印刷するには「次へ 」を選択して、

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

画面左に表示される「印刷」をクリックすれば・・

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

印刷完了です(^^)

スプレッドシート,印刷,改ページ

アヒルン
アヒルン

範囲を指定した印刷が出来たw

印刷総数が多い時はページを指定する

印刷総数が多い時は印刷するページを指定します。

 

” 印刷のプレビュー画面 ” 左にある下記赤枠箇所で…

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

下のボッチをクリック。

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

次にテキストボックスに「1-1」と入力すれば

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

1ページ目だけが印刷範囲として設定されます。

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

同様に印刷したいページが

  • 2ページ目なら「2-2」
  • 3ページ目なら「3-3」
  • 1〜3ページ目なら「1-3」

と設定すればページ単位で印刷が可能です。

スプレッドシート印刷時の操作メモ  

スプレッドシートの印刷設定時に忘れがちな操作メモを記しておきます。

印刷画面からシートに戻るときは「キャンセル」する

印刷設定の画面からシート編集に戻るには「キャンセル」をクリックすれば

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

シートの編集画面に戻ります。

スプレッドシート,印刷,改ページ

注意!
ctrl+Z(command+z) の「戻る」だと1つ前の操作画面に戻るだけなので注意!

印刷範囲のリセットは「スケール > 標準」

改ページの印刷範囲をリセットする際は、印刷設定の画面で「スケール 」を選択して

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

プルダウンメニューから「標準(100%)」を選択すると…

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

印刷範囲がリセットされます。

スプレッドシート,印刷,改ページ

スプレッドシートで印刷範囲の見出しを固定する

印刷範囲の見出しを固定するには見出しにする行を固定すればOK。

 

まずスプレッドシートの編集画面で「見出しにする行」を選択して

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

「表示 > 固定 > 現在の行まで」と選択。

 

固定バーが表示されたのを確認(固定された行が見出しになります)して印刷プレビューすれば・・

スプレッドシート,印刷,改ページ

 

見出しが固定されているのが確認出来ます。

スプレッドシート,印刷,改ページ

関連記事 スプレッドシート印刷範囲の設定方法。知っ得2つのマル秘情報をご紹介!

まとめ

改ページ機能を使ったスプレッドシートの印刷設定、上手く出来ましたか?

 

今まで指定範囲を印刷するのに余白調整や行・列を非表示にする必要がありましたが、改ページ機能の追加で一気に印刷設定のハードルが下がった印象です

 

いざと言うときに知っておくと便利な「改ページ」機能、スプレッドシートの標準機能なので直ぐに使えます。

 

シート印刷時とても便利な機能なのでぜひ一度触れてみて下さい(^^)

OYAKUN
OYAKUN
この機能なら見せたくない部分を簡単に隠せますね 笑

関連記事スプレッドシートの印刷をスマホからコンビニで!実際にやってみたよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました