AFFINGER自動カウント機能の使い方。番号付与がガチで捗る

前ページまででAFFINGER(WING)の自動カウント機能の使い方についてご紹介しました。

 

が、「番号付きリスト」との違いがイマイチ分からなかったと思います。

 

本ページでは「自動カウント機能」と「番号付きリスト」の機能性の違いについて説明していきます。

自動カウント機能と番号付きリストの違い

自動カウント機能と番号付きリストの違いは大きく分けて3つあります。

  1. ナンバリングサイズがデカイ
  2. 行を飛ばしたナンバリングが可能
  3. ナンバリング後に見出しが付与出来る

個人的に特に恩恵に授かったのは2番目です。

 

具体的に紹介いたします。

ナンバリングサイズが大きくなる

自動カウントを使うと、ナンバリング値のサイズがデカイんです。

 

CSSを見れば分かるのですがそれぞれのフォントサイズは

  • 番号付きリスト:デフォ(18px)
  • 自動カウント:150%

なんですね。

.st-count::before {
content: counter(stcnt)". ";
font-size:150%;
}

横に並べてみると大きさの違いは一目瞭然。

番号月付きリスト

  1. あいうえお
  2. かきくけこ
  3. さしすせそ

自動カウント

1. あいうえお

2. かきくけこ

3. さしすせそ

アヒルン
アヒルン

自動カウントの方がデカくて見やすいね!

作業順などを掲載する記事では特に見出しの番号は大きい方が分かりやすいですよね。

 

自動で大きく表示されるので調整する手間が省けてとても便利です。

行を飛ばしてナンバリング出来る

番号付きリストでは行毎に必ず番号が振られてしまいます。

affinger,自動カウント,使い方

 

一応「Shiftキー押しながら改行」で連番解除が出来るのですが、正直とってもとっても面倒なんですよね。

 

しかし自動カウントなら、直感的に行を飛ばして番号を振ることが可能です。

affinger,自動カウント,使い方

 

affinger,自動カウント,使い方

単純に「行を飛ばして自動カウントされた番号を振るだけ」という機能なのですが、何度も同じ操作をしなくて済むので地味に効いてきます。

 

特にナンバリング後に説明を記入する際は必須の機能とも言えます。はい捗ります。

OYAKUN
OYAKUN
個人的にこれが一番嬉しかったポイントです。

ナンバリング後に見出しが付与出来る

番号付きリストでも後から見出し付与は出来るのですが、番号だけ左側に飛び出してしまいます。

affinger,自動カウント,使い方

 

しかし自動カウント後であれば見出しの中に番号が収まります

affinger,自動カウント,使い方

 

ちょっと細かい部分ですが僕は本機能を見出しに使うことが多いので、この辺もかなり嬉しい仕様です。

番外編:自動カウント機能なら番号に色付け出来る

ちょっとご紹介しようか迷ったのですが、テキストカラーを変更することで数字の色も変更されます。

番号付きリスト

  1. あいうえお
  2. かきくけこ
  3. さしすせそ

自動カウント機能

1.いうえお

2. かきくけこ

3.さしすせそ

 

ナンバリングの目立たせたい項目に使えそうですね。

アヒルン
アヒルン

自動カウント付与の機能・・す、すげえ

ただ幾つか使いづらかった部分もあります。

自動カウント機能の使いづらかったところ

そんな自動カウント機能の使いづらかった箇所は主に2つ。

  1. 行ごとに選択して設定する必要がある点。
  2. ナンバリングが続いてしまう点。

この2点は機能特有の問題だと思います。

 

具体的な内容を解決策も併せた形でご紹介致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました